サイゼリヤのフリーWi-Fiは危険?安全?安心して使うならVPN利用がおすすめ

サイゼリヤのフリーWi-Fiは危険?安全?安心して使うならVPN利用がおすすめ

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

サイゼリヤで使えるフリーWi-Fiって安全なの?

フリーWi-Fiって個人情報の漏えいするって聞いたから怖い

この記事では、サイゼリヤのフリーWi-Fiが危険か安全かについての回答と、フリーWi-Fi接続時に発生する個人情報の漏えいを防ぐ手段としてVPNの紹介・解説をしています。

サイゼリヤのフリーWi-Fiが怖くて使えないという方や、個人情報の漏えいを防ぐ有効な手段を探している方はぜひ参考にして下さい。

サイゼリヤのフリーWi-Fiとは?

多種多様なメニューとお手軽な価格で長年支持されるサイゼリヤは、多くの店舗で無料のフリーWi-Fiサービスを提供しています。

SSIDは「Saizeriya_Free」で、接続・利用するためには簡単なアンケートに答える必要があります。

SSIDSaizeriya_Free
利用可能時間60分
利用回数制限1日3回まで
パスワード無し
備考接続時に簡単なアンケートに回答する必要あり

フリーWi-Fiとは?

フリーWi-Fiは、公衆無線LANや無料Wi-Fiホットスポットとも呼ばれ、公共の場所や商業施設で無料で利用できるWi-Fiサービスのことです。

例えばカフェ、レストラン、空港、ホテルなどさまざまな施設で提供されています。

フリーWi-Fiは誰でも手軽に、何より無料で利用できる非常に便利なサービスですが、以下に解説するようにいくつかのリスクを抱えています。

フリーWi-Fiの危険性について

フリーWi-Fiには主に以下の危険性があり、利用には注意が必要です。

暗号化されていない

サイゼリヤのフリーWi-Fiに限らず、多くのフリーWi-Fiは通信を暗号化していません。

通信が暗号化されていないと、万が一通信内容が第三者に盗聴された場合、個人情報が筒抜けとなってしまい、情報漏えいに繋がります。

具体的には、暗号化されていないフリーWi-Fiに接続したまま、Amazon等の通販サイトで買い物を行うと、住所・氏名・電話番号だけでなく、支払いに利用したクレジットカードの番号が他者に知られてしまう可能性があります。

なりすましスポットがある

フリーWi-Fiは誰でも手軽に接続できるため、似たような名前のなりすましスポットを作成し、デバイスに対して不正アクセスを試みようとする人がいます。

例えばサイゼリヤのフリーWi-FiのSSIDは「Saizeriya_Free」ですが、悪意のある第三者がなりすましスポットとして「Sa1zeriya_Free」といったような紛らわしい名前で作成します。

なりすましスポットと気づかずに接続してしまうと、デバイスが乗っ取られてしまい、保存されているデータが盗まれたり、改ざんされるなどの被害に遭うことが予想されます。

危険なフリーWi-Fiに接続してしまうとどうなる?

危険性の項目で説明した内容をまとめると、危険なフリーWi-Fiに接続してしまうと以下のような被害に遭うことが予想されます。

  • 住所・氏名等の個人情報の漏えい
  • クレジットカードの不正利用
  • 端末内のデータ改ざん、盗難

繰り返しになりますが、サイゼリヤのフリーWi-Fiのみならず、ほとんどのフリーWi-Fiは通信内容を暗号化していません。

したがって、万が一送信されたデータが第三者の手に渡ってしまうと、簡単に中身を見られてしまい、プライバシーを侵害されたり、最悪の場合はデータを悪用されてしまいます。

具体的には、通販サイトで利用したクレジットカードの番号が傍受され、不正利用されてしまうなどの被害が挙げられます。

サイゼリヤのフリーWi-Fiは安全?危険?

サイゼリヤのフリーWi-Fiは暗号化されておらず、データの盗聴や改ざんのリスクがあるため、そのままの接続は非常に危険です。

特に通販サイトを利用する場合は、住所・氏名を含む、多くの個人情報を送信することから、注意が必要です。

VPNを通してサイゼリヤのフリーWi-Fiを使うのが安全

サイゼリヤのフリーWi-Fiは暗号化されていないことが理由で危険であるため、通信を暗号化することが可能なVPNを導入することで安全に利用することが可能になります。

次項では、手軽にセキュリティを確保する手段として優れているおすすめのVPNを紹介します。

VPNはVirtual Private Networkの略で、インターネット上でプライバシーとセキュリティを強化するための技術で、通信を暗号化し、仮想トンネルを通じて安全なネットワークを提供します。

サイゼリヤのフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選

サイゼリヤのフリーWi-Fiを安全に使うためにおすすめのVPN3選を紹介・解説します。

NordVPN

月額料金1カ月プラン:1,960円/月
12ヵ月プラン:690円/月
24カ月プラン:460円/月
※スタンダードプランの場合
サーバー数5,600台以上(60ヵ国以上)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数6台(1つのアカウント)
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows、MacOS、Linux、Android、iOS
運営企業NordVPN s.a.

NordVPNはパナマに本拠地を置く海外VPNサービスで、2012年よりサービスを開始し、業界の中でも老舗に位置します。

全世界60ヵ国以上に6,000台を超える高速なVPN中継サーバーが設置されているため、1,500万以上のユーザーを抱えるNordVPNであっても混雑せずに安定した通信環境を実現しています。

中継サーバーが設置されている国数が多いため、地域制限を回避してアクセスできない国のサービスを利用する目的にピッタリです。

また、NordVPNはサーバー数や通信速度だけではなく、セキュリティ面に関しても政府機関や軍事利用もされる堅牢な暗号化技術である「AES-256」を採用し非常に高水準です。

NordVPNが提供する通信網が高品質である理由として、他社にはない独自の通信プロトコルである「NordLynx(ノードリンクス)」を採用していることが挙げられます。

くわえて、「ノーログポリシー」「30日間返金保証」「同時接続台数6台」と、VPNとして最低限備えて欲しいサービスを提供しており、初めてVPNを導入する方はもちろん、使い慣れている方まで幅広い層におすすめのVPNサービスです。

全体的に隙がなく高品質なサービスを提供するNordVPNの唯一の欠点は、サポート対応など一部の機能が完全に日本語に対応しておらず、翻訳に頼る必要がある点です。

おすすめポイント
  • 高い知名度と世界トップクラスのユーザー数からくる安心感
  • 通信速度、セキュリティ、サポートと全てにおいて高水準
  • 5,600台を超える中継サーバー数

ExpressVPN

expressvpn
月額料金1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
サーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数5台
ノーログポリシーノーログポリシー対応
返金保証30日間
サポートメール・チャット
運営企業Express VPN International Ltd

ExpressVPNは英国領ヴァージン諸島に本拠地を置く、海外のVPNサービスです。

2009年より運営を続け、海外のVPNサービスとしてはNordVPNと同じくらい有名かつ人気があり、全世界で400万人を超えるユーザーを獲得しています。

ExpressVPNの最大の特徴は、Lightwayプロトコルにより「Express」の名前が表すように、非常に快適で高速な通信速度を誇る点です。

Steamなどでオンラインゲームをプレイする上で通信速度は最重要要素のひとつなため、ExpressVPNはゲームストリーミングサービス目的でVPNを選択する場合、最善と言ってもいいほどです。

気になるセキュリティ面に関しては、ノーログポリシーを始め、VPN接続が停止した際に自動的にインターネット通信を切断するキルスイッチやAES-256による通信の暗号化を備えているため、安心して利用可能です。

他のVPNサービスと比較すると、短期間・長期間ともに料金がやや割高なのがネックですが、多少高くても良いものを使いたいと考える方に特におすすめのVPNサービスと言えます。

なお、デバイスの最大接続台数が5台とやや少ないため、会社や家族など大勢で使うには適していない点も注意が必要です。

おすすめポイント
  • VPN業界最高クラスの通信速度
  • 中継サーバーの設置国数の多さ
  • 高いセキュリティ機能

Surfshark

surfsharkvpn
月額料金1カ月プラン:2,308円/月
12カ月プラン:488円/月
24カ月プラン:358円/月
※Surfshark Oneの場合
サーバー数3,200台以上(100ヵ国以上)
暗号化アルゴリズムAES-256
同時接続台数無制限
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows/macOS/iOS/Android/Linux
サポートメール・チャット
運営企業Surfshark B.V.(拠点:オランダ)

Surfsharkは英国領ヴァージン諸島に本拠地を置く、海外のVPNサービスです。

サービス開始は2018年と海外VPNサービスの中でも後発組ですが、デバイスの接続台数が無制限のコストパフォーマンスの良さなどを好評で、徐々に人気が高まっています。

また、オプションにはなりますが「Surfshark One」という広告やマルウェアブロック機能なども備え、フリーWi-Fiに接続時以外でも、通常のインターネット通信を快適に行える機能を多く備えています。

料金に関しても、2年プランで契約することで1カ月辺りわずか400円程度で利用可能で、デバイスの接続台数が無制限なのも相まって屈指のコストパフォーマンスの高さを有しています。

Surfsharkは6台を超える複数台のデバイスを扱う方や、コストパフォーマンスを気にする方に特におすすめのVPNサービスです。

おすすめポイント
  • コストパフォーマンスの高さ
  • 無制限のデバイス同時接続
  • Surfshark Oneによる更なるセキュリティ機能の強化

サイゼリヤのフリーWi-Fiに関するよくある質問

サイゼリヤのフリーWi-Fiに関するよくある質問を掲載・回答します。

サイゼリヤのフリーWi-Fiに接続するのにVPNは必要?

サイゼリヤのフリーWi-Fiに接続する際に必ずVPNが必要というわけではありませんが、個人情報を送信する場面があるなら通信を暗号化できるVPNを使うべきです。

暗号化されていない状態で送信されたデータは、悪意のある第三者に簡単に盗聴・傍受されてしまい、最悪の場合はクレジットカードの不正利用に繋がります。

万が一に備えて、フリーWi-Fiに接続する時はVPNを利用するようにしましょう。

VPNの利用は違法?

日本国内や多くの国々においてVPNの利用は違法ではありません。

むしろ、手軽にセキュリティを高める手段として需要が高まっており、フリーWi-Fiに接続時の利用を推奨します。

ただし、VPNの利用自体が規制、もしくは違法としている国があるため、海外で利用する場合は事前の確認が必要です。

また、日本のようにVPNの利用が合法の国であっても、不正ファイルのダウンロードや誹謗中傷の隠れ蓑に使うなど、法律に抵触する目的での使用は罰せられる可能性があります。

無料のVPNでサイゼリヤのフリーWi-Fiに接続してもいい?

無料のVPNは、通信の安定性やセキュリティ面で有料のVPNに比べて劣ることが多いため、個人情報を含む重要なデータのやり取りにはおすすめできません​。

サイゼリヤのフリーWi-Fiを利用する以外でも、公共のWi-Fiに接続する場合はできる限り有料のVPNを使うなど、セキュリティを確保した状態で行いましょう。

そもそもVPNって何?

VPNはVirtual Private Networkの略で、インターネット上でプライバシーとセキュリティを強化するための技術で、通信を暗号化し、仮想トンネルを通じて安全なネットワークを提供します。

基本的に暗号化されていないフリーWi-Fiを利用する上で、VPNはセキュリティを強化する手段として非常に優れています。

VPNを使うと通信速度が速くなる?

VPNは通信を暗号化したりする仕組み上、わずかながら通信速度は低下してしまいます。

VPNを使って通信面で改善することといえば、適切な中継サーバーを経由することでPing値が改善し、ラグが軽減することです。

サイゼリヤのフリーWi-Fiまとめ

この記事のおさらい
  • サイゼリヤのフリーWi-Fiは暗号化されておらず情報漏えいのリスクがある
  • サイゼリヤのフリーWi-Fiはなりすましスポットが作られる場合がある
  • サイゼリヤのフリーWi-Fiを安全に使うには暗号化通信を行うVPNがおすすめ
  • 無料のVPNはセキュリティに問題がある場合が多いためおすすめできない

この記事では、サイゼリヤのフリーWi-Fiの抱えるセキュリティリスクと、それを回避する方法としてインターネットのセキュリティを強化できるVPNについて解説しました。

サイゼリヤのフリーWi-Fiのように大勢の人々が集まる施設において、誰でも手軽に使えるフリーWi-Fiの存在は非常にありがたいです。

一方で、多くのフリーWi-Fiは暗号化されておらず、プライバシーに関わる個人情報の漏えいのリスクを抱えているため、本記事で紹介したVPNに代表されるセキュリティ対策が半ば必須です。

なお、VPNは無料と有料の2種類ありますが、無料のVPNはセキュリティ機能が低く、暗号化を行っていないものもあるため、個人情報の漏えいを防ぐ目的であれば有料VPN一択です。

ぜひ本記事を参考に、自分に合ったVPNを見つけ、安全にフリーWi-Fiを利用できる環境を作って下さい。