ゲームにおすすめなVPN5選!使うメリットや違反行為(グリッチ)になるのかについて解説

ゲームにおすすめなVPN5選!使うメリットや違反行為(グリッチ)になるのかについて解説

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

オンラインゲームでVPNを使うメリットを知りたい

VPNを使うのって違反行為(グリッチ)にならないか不安

本記事ではゲームにおすすめなVPNやメリットに関する以下の内容について詳しく解説しています。

「そもそもVPNって何?」「VPNが多くて迷っている」といった方はぜひ参考にして下さい。

ゲームでVPNを利用するメリット・必要性

  • 日本未発売の海外ゲームがプレイできる
  • 海外サーバーが利用できる
  • ハッキングやDDoS攻撃対策になる
  • IPアドレスBAN対策になる

日本未発売の海外ゲームがプレイできる

VPNを利用することによって、日本では発売されていない(アンロックされていない)海外のゲームをプレイすることが可能になります。

通常であればIPアドレスによって海外からのアクセスだと判断され利用できないところ、VPN中継サーバーを介することで地域制限(ジオブロック)を解除することで、未発売のゲームをプレイすることができます。

地域制限(ジオブロック)とは、特定の地域や国からのアクセスを制限する機能を指します。

海外サーバーが利用できる

多くのオンラインゲームは、IPアドレスから居住地域を判別し、最も近い位置にあるサーバーへ自動的に割り振られます。

したがって、上記のようなサーバー自動選択型のゲームはプレイヤー側で任意のサーバーを選択することができず、海外の友人と協力プレイができません。

そこで、参加したい国に設置されているVPN中継サーバーを経由することで、結果的に参加したいサーバーをある程度絞り込むことができるようになります。

サーバーが絞り込めるメリットとして、「人気のある混雑サーバーを避けられる」「海外の友人と協力プレイできる」などがあります。

ハッキングやDDoS攻撃対策になる

人気のオンラインゲームになると、ハッキングやDDoS攻撃などの嫌がらせを行う迷惑なプレイヤーに出くわすことも少なくありません。

VPNを利用していれば、IPアドレスは接続している中継サーバーのものに置き換わるため、ハッキングやDDoS攻撃による被害を最小限に留めることができます。

DDoS攻撃とは、特定のサイト、サービス、コンピューターに対して大量のトラフィックやリクエストを送り過負荷によりダウンさせる迷惑行為です。

IPアドレスBAN対策になる

オンラインゲームは悪質なユーザーをBANすることがあり、時には冤罪でBANされることもあります。

BANの種類にはアカウント単位のもの、IPアドレス単位のものとさまざまで、後者の場合はVPNを利用することで対策が行えます。

ゲームでVPNを使うと違反行為(グリッチ)になるのか?

結論から言えば、ゲームでVPNを使っても違反行為(グリッチ)にはなりません。

なぜなら、グリッチとは本来意図していない挙動や仕様をあえて使うテクニックのことを指し、VPNの使用の有無とは一切関係がないためです。

ただし、VPNを使って遊ぼうとしているゲームの利用規約内にVPNの使用を明確に禁止する内容が記載されている場合は、規約違反となります。

ゲームに最適なVPNの選び方

  • 通信品質で選ぶ
  • デバイス接続数で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • セキュリティ機能で選ぶ
  • サービス内容で選ぶ

通信品質で選ぶ

オンラインゲームをプレイする上で、最も重要な要素は回線速度です。

VPNにおいて、通信品質に関わる要素は以下の3点です。

  • 純粋な通信速度(bps)
  • ping値(レイテンシ)
  • サーバー数

純粋な通信速度(bps)

オンラインゲームでVPNを利用する場合、とにかく純粋な通信速度が高くないと満足にゲームをプレイできません。

VPNは中継サーバーを経由したり、データを暗号化したりする仕組み上、どうしてもVPNなしの通信より速度が落ちてしまうので、快適にオンラインゲームをプレイするためには少しでも速度が出るVPNサービスを選ぶ必要があります。

ping値(レイテンシ)

ping値とは、データが送信されてから受信されるまでの時間を表す数値です。

ping値が低いほど、応答速度が速いこととなり、利用しているネットワークの通信速度が速いことを示します。

オンラインゲームにおいては、ping値が高い(応答が遅い)とそのまま遅延となり、ラグが発生する原因のひとつになります。

ひとりでプレイしているゲームならプレイヤーがストレスを抱えるだけになりますが、マルチプレイゲームの場合は、他の多くのプレイヤーにも迷惑をかけることになるため、低ping値を出せるVPNが好ましいです。

サーバー数

VPNの中継サーバー数は、混雑を回避したり、海外サーバーに参加したりするために、少ないより多いに越したことはありません。

地域制限(ジオブロック)の解除を目的とするなら、単純なサーバー設置数だけではなく、どこの国に設置されているかにも注目しましょう。

デバイス接続数で選ぶ

ゲームに使用するVPNを選ぶ場合、どれだけの台数のデバイスが接続できるかも非常に重要です。

ライトゲーマーの方であれば、せいぜい2~3台接続できれば十分だと思われますが、デスクトップPC、ノートPC、スマホ複数台、PS5やSwitchなど複数のデバイスでゲームをする方にとっては少ないでしょう。

したがって、最低でもデバイスは5台以上接続できると望ましいでしょう。

料金で選ぶ

ゲームに使用するVPNを選ぶ場合、料金も注目すべきポイントのひとつです。

VPNの料金が高すぎてしまうと、ゲームの課金やパソコンの周辺機器の購入にまわせるお金が減ってしまうなど、少なからずデメリットがあるため、本気でゲームを楽しみたいならコストパフォーマンスに優れたVPNサービスを選ぶべきです。

なお、多くのVPNサービスは30日間返金保証を実施しているため、最初の1カ月であれば実質無料で利用できます。

セキュリティ機能で選ぶ

オンラインゲームをプレイしていると他のプレイヤーからハッキングやDDoS攻撃などの嫌がらせを受けることがあります。

事前にセキュリティ機能の高いVPNを使って通信を行っていれば、迷惑行為や嫌がらせの被害を最小限に抑えることが可能なため、可能な限り堅牢なセキュリティ機能を提供するVPNサービスを選択しましょう。

サービス内容で選ぶ

通信速度はセキュリティ機能も重要ですが、サービスそのものを安心して長く使えるかも重要です。

具体的には、サポートが親切で充実、公式サイトが日本語に対応していて使いやすいなどが挙げられます。

ゲームにおすすめなVPN5選を比較

NordVPN

月額料金月540円〜
サーバー数5500台以上
サーバー設置国数60ヵ国以上
運営国パナマ共和国
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数6台
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows、MacOS、Linux、Android、iOS
対応ブラウザ・デバイスChrome、Firefox、Microsoft Edge、ルータ、
Android TV、Raspberry Pi、FireStick、Xbox、
PlayStation、Nintendo Switch、Oculus Quest、
Kindle Fire、Chromecast、Chromebook、
運営企業NordVPN s.a.

\30日間全額返金保証付き!/

公式サイトはこちら

NordVPNはパナマに本拠地を置く海外VPNサービスで、2012年よりサービスを開始し、業界の中でも老舗に位置します。

全世界60ヵ国以上に6,000台を超える高速なVPN中継サーバーが設置されているため、1,500万以上のユーザーを抱えるNordVPNであっても混雑せずに安定した通信環境を実現しています。

中継サーバーが設置されている国数が多いため、日本では未発売のゲームをプレイしたり、海外のサーバーへ参加したりする目的にピッタリです。

また、NordVPNはサーバー数や通信速度だけではなく、セキュリティ面に関しても政府機関や軍事利用もされる堅牢な暗号化技術である「AES-256」を採用し非常に高水準です。

NordVPNが提供する通信網が高品質である理由として、他社にはない独自の通信プロトコルである「NordLynx(ノードリンクス)」を採用していることが挙げられます。

くわえて、「ノーログポリシー」「30日間返金保証」「同時接続台数6台」と、VPNとして最低限備えて欲しいサービスを提供しており、初めてVPNを導入する方はもちろん、使い慣れている方まで幅広い層におすすめのVPNサービスです。

全体的に隙がなく高品質なサービスを提供するNordVPNの唯一の欠点は、サポート対応など一部の機能が完全に日本語に対応しておらず、翻訳に頼る必要がある点です。

Surfshark

月額料金月362円〜
サーバー数3,200台以上
サーバー設置国数100ヵ国以上
暗号化アルゴリズムAES-256
同時接続台数無制限
ノーログポリシーあり
対応OSWindows/macOS/iOS/Android/Linux
運営企業Surfshark B.V.(拠点:オランダ)

Surfsharkは英国領ヴァージン諸島に本拠地を置く、海外のVPNサービスです。

サービス開始は2018年と海外VPNサービスの中でも後発組ですが、デバイスの接続台数が無制限のコストパフォーマンスの良さなどを好評で、徐々に人気が高まっています。

ヘビーゲーマーとなると、1台や2台の接続台数では当然足りない為、デバイスが無制限に接続可能なSurfsharkはうってつけのVPNサービスであると言えるでしょう。

また、広告やマルウェアブロック機能なども備え、オンラインゲームをプレイする以外でも、通常のインターネット通信を快適に行える機能を多く備えています。

料金に関しても、2年プランで契約することで1カ月辺りわずか400円程度で利用可能で、デバイスの接続台数が無制限なのも相まって屈指のコストパフォーマンスの高さを有しています。

Surfsharkは6台を超える複数台のデバイスやゲーム機を使う方、コストパフォーマンスを気にする方に特におすすめのVPNサービスです。

ExpressVPN

月額料金6.67ドル~
VPNサーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数5台
返金保証30日間

\お得なVPN割引を実施中!/

公式サイトはこちら

ExpressVPNは英国領ヴァージン諸島に本拠地を置く、海外のVPNサービスです。

2009年より運営を続け、海外のVPNサービスとしてはNordVPNと同じくらい有名かつ人気があり、全世界で400万人を超えるユーザーを獲得しています。

ExpressVPNの最大の特徴は、Lightwayプロトコルにより「Express」の名前が表すように、非常に快適で高速な通信速度を誇る点です。

オンラインゲームをプレイする上で通信速度は最重要要素のひとつなため、ExpressVPNはゲーム目的でVPNを選択する場合、最善と言ってもいいほどです。

気になるセキュリティ面に関しては、ノーログポリシーを始め、VPN接続が停止した際に自動的にインターネット通信を切断するキルスイッチやAES-256による通信の暗号化を備えているため、安心して利用可能です。

他のVPNサービスと比較すると、短期間・長期間ともに料金がやや割高なのがネックですが、多少高くても良いものを使いたいと考える方に特におすすめのVPNサービスと言えます。

なお、デバイスの最大接続台数が5台とやや少ないため、会社や家族など大勢で使うには適していない点も注意が必要です。

MillenVPN

MillenVPN
運営会社アズポケット株式会社
月額料金396円〜
VPNサーバ数1,300台以上(72ヶ国)
暗号化アルゴリズムAES-256-CBC
同時接続台数10台
対応OSWindows/MacOS/Android/iOS
返金保証30日間

\月額396円から利用可能!/

公式サイトはこちら

MillenVPNはさまざまなインターネット関連事業を展開している日本企業「アズポケット株式会社」が運営する純国産VPNです。

有名なVPNの多くは海外企業が運営している中、日本企業が運営しているのはまだまだ珍しいと言えます。

VPNはセキュリティや匿名性を確保する手段として非常に有効ですが、前述の通りVPNは海外企業が運営していることが一般的なため、英語が苦手な人や国産以外信用できない人にとって利用し難いです。

その点、日本企業が運営するMillenVPNは、「公式ホームページ」「サポート対応」「VPN接続アプリ」など全てが完全日本語対応であるため、初めてVPNに触れる方にとっても非常に親しみやすくとっつきやすいVPNサービスと言えます。

MillenVPNは料金、通信速度など肝心のVPNサービスとしてのサービス・スペック面も優秀で、特に料金に関しては単月はやや割高なものの、長期契約を行うことでわずか396円/月と低料金で利用できます。

ゲームをプレイしている方は、課金やパソコンのパーツや周辺機器の購入など、出費がかさみがちなので、コストパフォーマンスに優れるMillenVPNは相性が良いと言えます。

総じて、欠点らしい欠点もない優秀なVPNサービスであるため、VPN初心者は迷ったらMillenVPNを選択すればまず間違いないでしょう。

CyberGhost VPN

月額料金月320円〜
サーバー数9,300台以上
サーバー設置国数91ヶ国ヵ国以上
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数7台
ノーログポリシーあり
対応OSWindows/macOS/iOS/Android/Linux
運営企業CyberGhost S.R.L.

CyberGhost VPNは、ルーマニアに本拠地を置き運営しているVPNサービスです。

「2年契約時は2カ月間の無料期間が付いてくる」「返金保証期間が45日間と長め」など、コスト面に関して特に優秀なVPNサービスです。

知名度は大手VPNサービスに一歩及ばないものの、サーバー設置国数は91ヵ国、9,500台以上の中継サーバー、デバイスの同時接続数は7台と、他社に負けないスペックを誇っています。

特にサーバー設置国が多い点はオンラインゲームをプレイする上では有利に機能するため、CyberGhost VPNは海外のゲームをメインでプレイしている方におすすめのVPNサービスです。

ゲームでVPNを利用する方法

VPNを契約する

ゲームにおすすめなVPN5選を比較」を参考に、自分に合ったVPNサービスを契約します。

VPN接続アプリをダウンロードする

各VPNサービスが提供しているVPN接続ソフトをダウンロードします。

DDoS攻撃から身を守るためなど、セキュリティ強化目的で、現在地からできる限り地理的に近い位置に設置されているサーVPN中継サーバーを選択してください。

なぜなら、距離が遠ければ遠いほど、応答速度が遅くなりping値が安定しないからです。

地域制限(ジオブロック)の解除が目的であれば、利用したいサービスを提供している国に設置されている中継サーバーを選択します。

パソコンではなく、コンシューマーゲーム機でVPNを利用する場合は、ネットワーク設定よりVPN会社より提供されたDNSサーバーのIPアドレスを入力することで接続できます。

実際にゲームをプレイする

VPN中継サーバーに接続した状態で各ゲームを起動します。

なお、ゲームによってはVPNによる接続自体を拒否しており、エラーが発生する場合があります。

ゲームのVPNに関する良くある質問

オンラインゲームでVPNを使うのは違反行為(グリッチ)になりますか?

結論から言えばVPNを使ったからと言って違反行為(グリッチ)にはなりません。

そもそもグリッチとは、ゲーム内で意図しないバグや仕様を意図的に利用する迷惑行為を指します。

VPNを利用するだけでは、上記行為に当てはまらない為、オンラインゲームをプレイする上でVPNを使っても違反行為(グリッチ)には当たらないと考えます。

ただし、ゲームの規約上、明確にVPNの利用を禁じている場合はこの限りではありません。

VPNの利用が違法になる可能性はある?

一般的に日本や欧米諸国において、VPNの利用自体は合法であり、主にセキュリティ強化やプライバシー保護目的での利用が広まっています。

ただし、以下に該当する場合は違法もしくは規則に抵触する恐れがあります。

  • 特定のサービスやウェブサイトの利用規約においてVPN経由の接続を禁止している
  • 国や地域で定められた法律・規則においてVPNの利用を禁止・制限している
  • 不正アクセスやハッキング、ファイル共有などの違法行為にVPNを用いている

VPNをゲームに利用する場合は、プレイするゲームがVPNの使用や海外からの接続を許可しているかなど、規約違反にならないか事前に確認するようにしましょう。

無料のVPNを利用しても問題ない?

無料のVPNは利用料金が一切かからないメリットがあるものの、セキュリティが不十分であったり、通信速度が遅かったりと有料のVPNと比較するとリスクや制限があるため利用はおすすめできません。

まず、無料VPNのセキュリティ面に関しては、通信を暗号化していない、ノーログポリシーではないなど安全性や匿名性が確保できずVPNの利点がほぼありません。

また、通信速度に関しても有料VPNと比較すると不安定かつ遅いため、ストリーミングサービスの利用に向いていないどころか、ウェブサイトを満足に閲覧できない場合があります。

さらに、無料VPNは選択できるVPN中継サーバーがごくわずかに限られるため、地域制限の解除目的に利用できず、混雑回避のために別のサーバーを選ぶこともできません。

VPNを使うとラグや遅延はなくなりますか?

プレイするオンラインゲームのサーバーが設置されている地域に近い中継サーバーを利用することで、ラグや遅延の問題が改善する場合があります。

ただし、中継サーバーを経由する、データ通信を暗号化するといったVPNの仕組み上、どうしても通常時の通信速度はわずかながら低下します。

VPNを利用して安くゲームを買ったり課金できますか?

VPNを使い日本の料金より安い国の中継サーバーを経由することで、お得にゲームを購入したり課金できる場合があります。

ただし、アカウント停止(BAN)の可能性もあるため、各ゲームやプラットフォームの利用規約を確認した上で行いましょう。

ゲームにおすすめVPNまとめ

この記事のおさらい
  • VPNを使うことで日本未発売のゲームをプレイできる
  • VPNはハッキング・DDoS攻撃対策になる
  • オンラインゲームにVPNを使っても違反行為(グリッチ)にはあたらない
  • ゲーム用のVPNを選ぶ主なポイントは「通信速度」「サーバー数」「料金」の3つ

本記事では、ゲームにおすすめのVPN5選やメリットについて紹介・解説しました。

オンラインゲームにVPNを導入するメリットは非常に多く、日本未発売のゲームをプレイすることで、友人に差をつけることができるなど、毎月の料金以上の満足感を得られます。

また、ハッキングやDDoS攻撃に関しては、オンラインゲームをプレイしていなくてもセキュリティ対策になるため、VPNは日常生活でも十分に役に立ちます。

VPNの利用は違反行為にあたらないのか心配する声もありますが、ゲームの規約にVPNの利用が禁止と定義されていない限りは全く問題がないので安心して利用できます。

ぜひ本記事を参考にVPNを導入し、オンラインゲームのプレイをより豊かなものとして、ライバルに差をつけてみて下さい。