海外旅行に最適なVPNおすすめ5選!選び方や使い方・タイミングを徹底解説

海外旅行に最適なVPNおすすめ5選!選び方や使い方・タイミングを徹底解説

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

「海外旅行に行くからVPN契約しようか迷う…VPNはあった方がいいのかな?海外ではVPNを使うと良いらしいけど、使うべき理由を知りたい」

このように考えている方がいらっしゃるかと思います。

VPNを検討する前に、VPNを使うタイミングやメリットは把握する必要があります。

この記事では、VPNを検討している方に向けてメリットや使うタイミング、選び方について詳しく説明します。

海外旅行時のネット環境を重視する方は参考にしてください。

海外旅行でVPNがおすすめな理由

海外旅行でVPNがおすすめな理由な理由は以下の通りです。

  1. データを暗号化してくれるから
  2. フリーWiFiを利用する際に安全を確保してくれるから
  3. 海外から日本サイトにアクセス可能だから
  4. サブスクリプションが安く手に入るから
  5. チケットなどを安く購入できるから

データを暗号化してくれるから

ウェブサイトの多くは暗号化されているため、安全性は高いです。

しかしまだSSL化されていないサイトもあり、フィッシングサイトなどのリスクが存在します。

VPNは通信内容を暗号化し外出先でも安全に接続できたり、自分のIPアドレスを隠すことでプライバシーも守られます。

フリーWiFiを利用する際に安全を確保してくれるから

海外での移動中、空港やカフェ、公園、電車内などで無料のフリーWi-Fiに接続する機会が増えるでしょう。

フリーWi-Fiは不特定多数の利用者がいるため、セキュリティの脆弱性が懸念されます。

最悪の場合、デバイスにマルウェアが感染し、個人情報が盗まれる可能性も考えられます。

フリーWi-Fiを使用する際に、VPNを活用することで通信のプライバシーが保護され、個人情報流出のリスクが軽減されます。

海外から日本サイトにアクセス可能だから

海外から日本のサイトやサービスにアクセスする際にはジオブロックにより制限されることがあります。

例えば、海外ではメルカリが利用できないことや、NetflixやHuluなどのコンテンツが制限されるなどです。

VPNを使えば、海外からでも日本のサービスにアクセス可能です。

特に中国の厳しいインターネット規制もVPNで回避できますが、通信速度が遅くなったり接続が一時的に切断することがあるので注意が必要です。

サブスクリプションが安く手に入るから

VPNを利用することで、サブスクリプションを割引価格で契約できます。

普段利用するサブスクリプションが安く手に入るので、旅行が終わってVPNを便利に利用できます。

物価が安い国で購入した方が日本よりも安くなる場合もあります。

例えば、月額わずか120円でYouTubeプレミアムが利用できることもあります。

チケットなどを安く購入できるから

航空券やホテルの料金は国によって異なるため、VPNを利用して他国のサーバーに接続すると、海外旅行で割引やお得情報を見つけることができるかもしれません。

旅行サイトや航空チケットサイトはIPアドレスから国を判別し、表示料金を調整します。

VPNを使えば、安価な国のサーバーに接続して航空券やホテルをより低価格で予約できます。

つまり、VPNを活用すると航空券やホテル料金が割引され、海外旅行がかなりお得になる可能性があります。

海外旅行に最適なVPNの選び方

海外旅行に最適なVPNを選ぶ際の重要なポイントは以下の通りです。

  1. セキュリティ
  2. 通信速度
  3. 料金
  4. サポート体制
  5. 日本のサイトにアクセスできる

セキュリティ

海外旅行時は、日本にいる時に比べ外出している時間が増えるので、必然的にフリーWiFiに接続する機会が増えます。

フリーWiFiはセキュリティが低く、情報漏洩に繋がるリスクが高いです。

そのためセキュリティが高いVPNを選びましょう。

公式サイトや評判を確認し、ノーログポリシーやキルスイッチなどのセキュリティ対策を備えたVPNを選ぶことが大切です。

これらの機能があるVPNは情報漏洩のリスクが低く、安全性が高いです。

通信速度

通信速度は写真や動画の送受信、視聴する際に重要です。

また、日本のコンテンツにスムーズにアクセスできるVPNを選ぶことも重要です。

海外旅行中に日本のコンテンツを利用するためには、行き先のブロック状況や日本からのブロックに対応するVPNを選択する必要があります。

料金

VPNサービスの料金によってサービス内容が異なります。

自分のライフスタイルに適したプランを選ぶために、料金とサービス内容をよく比較しましょう。

長期利用で割引が適用されることもあるので、長期的な利用を考える際にも視野に入れておくと良いです。

長期間旅行する場合は長期プラン、初めてVPNを利用する方は安いプランがおすすめです。

サポート体制

多くのVPNサービスは外国人スタッフによるサポートが多いです。

日本語でのサポートが必要な場合は日本製のVPNや日本語対応しているVPNを選びましょう。

また、いつVPNにトラブルが起きるかわかりません。

念のため24時間365日サポートを行っているVPNをおすすめします。

日本のサイトにアクセスできる


日本のコンテンツに問題なくアクセスできるVPNを選びましょう。

海外から日本のサイトやコンテンツを閲覧する際、海外のIPアドレスからのアクセスが制限されることがあります。

VPNを使えば、これらの制限を回避でき、日本のサイトやコンテンツにスムーズにアクセスできます。

ただし、一部の日本のサービス提供者はVPNの利用を厳しく制限しているため、信頼性の高いVPNサービスを選ぶことが重要です。

海外旅行でVPNを使うタイミング

海外旅行でVPNを使うタイミングは以下の通りです。

  1. 旅行準備中
  2. 移動中
  3. 現地
  4. ホテル滞在中
  5. 旅行後

旅行準備中

旅行サイトや航空チケットサイトは、ユーザーのIPアドレスから国を特定し、それに応じて料金を設定しています。

つまり地域ごとによって価格設定が違うということです。

VPNを利用すれば、安価な国のサーバーに接続することができ、これによって料金を節約できる可能性があります。

海外旅行の前にVPNを導入することで、数万円の節約が可能です。

移動中

空港のWi-Fiに接続すると、地域に応じたNetflixやYouTubeのコンテンツしか見れなくなることがあります。

また、一部の国ではLineやTwitter、Googleなどが制限されることもあります。

VPNを使うことで日本と同じサービスを利用できます。

現地

海外旅行時は日本に住んでいる時よりもフリーWiFiを使う頻度が増えるでしょう。

フリーWi-Fiは多くの利用者がアクセスするため、セキュリティの脆弱性が懸念されます。

例えばデバイスがマルウェアに感染したり、個人情報が不正に取得される危険性があります。

しかし、VPNを活用すると通信が暗号化され、外部からの盗聴や個人情報の流出リスクが軽減されます。

フリーWiFiの利用が不安な方は現地で使えるポケットWi-Fiを用意するのもいいでしょう。

ポケットWiFiであれば外出先でも移動中でも安全で安定したインターネット接続ができます。

ホテル滞在中

安価なホテルやゲストハウスのWiFiはセキュリティに配慮されていないことがあります。

不特定多数の人が使うWiFiに接続する際は、VPNを使って保護しましょう。

また、海外から日本のサイトにアクセスできるため、さまざまな動画を楽しめたり、明日の行き先もスムーズに調べられるでしょう。

旅行後

海外サーバーに接続して海外のNetflixやAmazon Prime Videoを楽しむこともできます。

YouTube PremiumやNetflixなどは国によって価格が異なるため、物価が安い国のサーバーに接続してプレミアムコンテンツをお得に契約することも可能です。

次の旅行時の航空券やホテルもお得に購入できます。

日本からでは高価な航空券やホテルも、別の国からアクセスすれば価格が割引される場合があります。

海外旅行に最適なVPN比較一覧表

NordVPNSurfsharkExpressVPNMillenVPNCyberGhostVPN
運営会社NordVPNs.a.Surfshark Ltd.Express VPN International Ltdアズポケット株式会社CyberGhost S.R.L.
料金1カ月プラン:1,920円/月
12ヵ月プラン:660円/月
24カ月プラン:560円/月
※スタンダードプランの場合
1カ月プラン:2,688円/月
12カ月プラン:628円/月
24カ月プラン:408円/月
※Surfshark Oneの場合
1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
1カ月プラン:1,738円/月
12カ月プラン:594円/月
24カ月プラン:396円/月

1カ月プラン:1,790円/月
6カ月プラン:1,000円/月
26カ月プラン:320円/ 月
VPNサーバ数5,600台以上(60カ国)3200台以上(100カ国以上)94台以上(94カ国)1300台以上(47カ国)9,000台以上(91カ国)
接続デバイス数6台(1つのアカウント)無制限5台10台7台
無料体験ありなしありなしあり(3ヶ月間)
ノーログポリシーありありありありあり
サポートメール・チャットメール・チャットメール・チャットメールメール・チャット
公式サイトhttps://nordvpn.com/ja/https://surfshark.com/jahttps://www.expressvpn.com/jphttps://millenvpn.jp/https://www.cyberghostvpn.com/ja_JP/

5つのVPNの料金や接続デバイス数、無料体験の有無などを比較しました。

VPN初心者の方は、「料金が安い」「無料体験あり」「運営している会社が日本の企業」を選ぶことをおすすめします。

まずは、無料体験を行ってみて使い勝手を試してみましょう。

また、運営している会社が日本の企業だと公式サイトが日本語で読みやすかったり、サポートを日本語で行ってくれるため安心して利用できます。

通信速度を重視したい方は「サーバー数が多い」VPNを選びましょう。

サーバー数が多ければ、アクセスが混雑する時間帯でもスムーズにネットを利用することができます。

ご自身の海外での生活スタイルに合わせて選択しましょう。

海外旅行に最適なVPNおすすめ5選

海外旅行に最適なVPNを5つ紹介します。

NordVPN

運営会社NordVPNs.a.
料金1カ月プラン:1,920円/月
12ヵ月プラン:660円/月
24カ月プラン:560円/月
※スタンダードプランの場合
VPNサーバ数5,600台以上(60カ国)
接続デバイス数6台(1つのアカウント)
無料体験あり
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://nordvpn.com/ja/


NordVPNはノーログポリシーと軍事レベルのAES256bit暗号化により高いセキュリティを確保しています。

旅行時にフリーWiFiに繋げる際も安心してネットを利用できるでしょう。

また、幅広い動画配信サービスに対応しており通信速度は高速で安定しています。

隙間時間や飛行機に乗っている時に様々な動画を見て楽しく過ごせるでしょう。

最大6台の同時接続で家族や友人との共有利用にも最適なので、家族旅行にもぴったりです。

Surfshark

運営会社Surfshark Ltd.
料金1カ月プラン:2,688円/月
12カ月プラン:628円/月
24カ月プラン:408円/月
※Surfshark Oneの場合
VPNサーバ数3200台以上(100カ国以上)
接続デバイス数無制限
無料体験なし
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://surfshark.com/ja

Surfsharkはセキュリティが高く、AES-256暗号化やノーログポリシーにより個人情報を守り、キルスイッチで情報漏洩を防止しています。

複数のデバイスで同時接続可能であり、高速で安定した通信速度は動画ストリーミングや大容量ファイルの送受信に適しています。

中国でも利用可能ですが、中国の監視により接続が制限される可能性もあります。

もし中国で利用したい場合は事前に中国のネット環境を調べておきましょう。

また30日間の返金保証があります。

海外旅行で初めてVPNを利用する方は使い勝手がわかるので安心して利用できます。

ExpressVPN

運営会社Express VPN International Ltd
料金1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
VPNサーバ数94台以上(94カ国)
接続デバイス数5台
無料体験あり
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://www.expressvpn.com/jp


ExpressVPNも中国でも利用可能ですが通信が一時的に切断されたり繋がらなくなる場合もあるので要注意です。

セキュリティは高く、AES-256暗号化とキルスイッチ機能で情報漏洩を防止しています。

ただiOS版でのキルスイッチ機能を搭載していないため、利用する際は注意してください。

94か国に及ぶVPNサーバーで、特定国のサーバーを選択して海外コンテンツにアクセス可能です。

隙間時間に様々な海外コンテンツを楽しみたい方や短期間に複数国旅行する方におすすめです。

MillenVPN

運営会社アズポケット株式会社
料金2年プラン:396円/月
1年プラン:594円/月
1カ月プラン:1,738円/月
VPNサーバ数1300台以上(47カ国)
接続デバイス数10台
無料体験なし
ノーログポリシーあり
サポートメール
公式サイトhttps://millenvpn.jp/

MillenVPNは日本企業が運営し、日本語サポートと日本語マニュアルを提供しています。

またwowowやmusic.jp、Telasa、VideoMarket、FODなど、多くの日本向け動画サービスに対応しています。

シンプルなデザインで使いやすく、スマートフォン専用アプリもあり、サーバー選択や接続が簡単です。

サポートが丁寧でデザインがシンプルなため、VPNの初心者には使いやすいVPNです。

中国の厳しいネット規制下でも利用可能で、SNSや動画配信サービスへのアクセス制限を回避できます。

CyberGhost VPN

運営会社CyberGhost S.R.L.
料金1カ月プラン:1,790円/月
6カ月プラン:1,000円/月
26カ月プラン:320円/ 月
VPNサーバ数9,000台以上(91カ国)
接続デバイス数7台
無料体験あり(3ヶ月間)
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://www.cyberghostvpn.com/ja_JP/

CyberGhost VPNは3つの価格プランを提供しており、中でも2年プランは月額320円から利用可能です。

この長期プランには最大45日間の返金保証がついており、データ通信量の制限がないため高画質な動画視聴や負荷の高いアップロードもストレスなく実行できます。

またサーバー数は9,500以上に及び、世界91カ国以上に展開されており、最大7台の同時接続が可能です。

セキュリティ面ではAES 256ビット暗号化を採用し、ノーログポリシーや透明性レポートを通じてプライバシーを保護しています。

サーバー数が多いのでアクセスが混む時間帯でも安定した通信速度です。

いつでもどこでもネットにアクセスできます。

海外でVPNに接続する上での注意点

海外でVPNに接続する上での注意点は以下の3点です。

  1. 通信速度が低下することがある
  2. 漏洩するリスクがある
  3. コストがかかる

通信速度が低下することがある

VPNを同時に利用するユーザーが増えると、サーバーの混雑して通信速度が低下する可能性があります。

またデータの暗号化が速度に影響を及ぼして動画を見ている途中で一時的に接続が中断することも考えられます。

この際には、サーバーを変更することや、混雑を避けるための時間帯の利用を検討すること、セキュリティソフトを一時的に無効にすると解消されることがあります。

漏洩するリスクがある

VPNを使用していても、データ漏洩のリスクが完全にゼロとは言えません。

特に公共のWi-Fiを使用する際は、VPN機器自体の脆弱性がリスクとなり得ます。

コストがかかる

ほとんどの企業が有料のVPNサービスを提供しています。

無料のVPNはセキュリティが不安定で通信速度も遅延する可能性が高いため、安全性と速度を重視するのであれば有料のVPNを選ぶことが重要です。

料金だけでなく、料金とサービス内容を見て比較しましょう。

VPNが必要な外国

VPNを合法で利用できる国は以下の通りです。

  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • オーストラリア
  • カナダ
  • フランス
  • イタリア

これらの国に旅行する際はVPNを利用することをおすすめします。

VPNを利用すれば日本のサイトを見れたり、安全なネットワークに接続できます。

海外旅行に最適なVPNに関するよくある質問

接続できない時の対処法や無料VPNの安全性など、VPNに関するよくある質問をご紹介します。

海外からVPN接続できない時はどうすればいい?

VPN接続が切断されたり、通信速度が低下する場合は以下の方法を行ってみましょう。

  1. サーバーの変更
    VPN接続が不安定な場合、特定のサーバーに問題が起きている可能性があります。
    別のサーバーに接続してみたり、アクセスする時間を変えたり、サーバーを再起動することも効果的です。
  2. 混雑が少ない時間帯の利用
    VPNは同時接続数に限度があるため、多くのユーザーが同時に接続すると速度が低下することがあります。
    混雑が少ない早朝や深夜などの時間帯に利用することをおすすめします。
    通信量が少ない時間帯を選ぶことで、よりスムーズな接続が期待できます。
  3. 一時的なセキュリティソフトの無効化
    ウイルス対策ソフトやファイアウォールを一時的に無効にしてみてください。
    これらのセキュリティソフトが接続に影響を与えることがあります。
  4. インターネット接続の確認
    VPNを使わずにウェブページを読み込んだり、Wi-Fiを一度切断して再接続したり、ルーターを再起動したりすることで接続問題が解消されることがあります。

以上の方法を試しても問題が解決しない場合は、サポートに連絡してみてください。

無料VPNの利用は安全ですか?

無料のVPNサービスは、有料のものと比べてセキュリティ面で不安定だと考えられます。

盗聴やマルウェア感染のリスクが高まったり、購入履歴や接続情報などの監視によるプライバシーの危険性、個人情報の盗難リスク、通信の暗号化が不十分でセキュリティに脆弱性が生じる可能性もあります。

セキュリティと重視したい方は有料VPNの利用やスマートフォンのセキュリティソフトを検討しましょう。

VPNの利用が違法の国はありますか?

違法や一部利用制限がある国は以下の通りです。

  • 中国
  • ロシア
  • ベラルーシ
  • トルコ
  • イラク
  • UAE(アラブ首長国連邦)
  • オマーン
  • イラン
  • エジプト
  • トルクメニスタン
  • 北朝鮮
  • ウガンダ

中国は通信が不安定になったり、一時的に接続できない状況が続いたりします。

利用制限されている国に旅行する際は、事前に検討しているVPNが対応しているのか調べましょう。

海外旅行に最適なVPNおすすめ10選まとめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • VPNをおすすめする理由は「安全なインターネット利用が可能だから」「海外から日本にアクセスできるから」「サブスクリプションが安く契約できるから」
  • VPNを選ぶポイントは「セキュリティ」「通信速度」「料金」「サポート体制」
  • VPNを利用する際の注意点は「通信速度が遅い場合がある」「漏洩するリスクがある」「コストがかかる」

海外から日本サイトを利用したい方や海外でも安全にインターネットを利用したい方はVPNをおすすめします。

旅行時でも旅行が終わった後も快適に使えます。

VPNを契約する前にメリットや注意点を把握したうえで検討しましょう。