日本でおすすめのVPN比較ランキング!有料から安い・無料サービスも徹底紹介

日本でおすすめのVPN比較ランキング!有料から安い・無料サービスも徹底紹介

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

さまざまなVPNサービスがあるため、どのVPNにしようか迷うでしょう。

VPNを選ぶ際に料金などを重視する方が多いのではないでしょうか。

VPNにより無料で利用できたり、有料プランに契約しなければ利用できないものがあります。

決して安ければいいということではありません。

この記事では、VPNを検討している方に向けて料金や使用する際の注意事項などについて詳しく説明します。

また、よくある質問にも答えているので、参考にしてください。

VPNサービスとは? 

VPNは、インターネット回線を使用する仮想的なプライベートネットワークです。

「Virtual Private Network」の略で、仮想の専用線という意味です。

公共のWi-Fiなどを利用する際は、個人情報が盗まれたりデータが改ざんされるなどセキュリティリスクがあります。

一方でVPNは、インターネット回線内で安全な経路を構築しデータのやりとりを実現します。

働き方が変わってテレワークが普及する中でオフィス外から社内のサーバやシステムに安全に接続するための技術として、VPNの導入が増えています。

VPNサービスの仕組み

VPNは、特定の場所に専用のルーターを設置し、公共のネットワークを通して安全に接続します。

この際に、トンネリングや暗号化、承認などの設定を行い、外部から通信内容を読み取られないようにします。

  • トンネリング
    専用の仮想回線を形成する技術でIPsecやL2TP/IPsec、PPTPなどのプロトコルを利用して、安全な経路を作ります。
  • カプセル化
    データをパケット単位で保護する技術で、外部からデータの内容がわからないように、データを守ります。
  • 暗号化
    送受信するデータを暗号化し、無意味な文字列に置き換える技術です。
    これにより、万が一カプセル化したデータが漏えいしても第三者による解読を防ぎます。

このためVPNを利用すると通信内容が盗み見られたり、データが改ざんされるといったリスクが軽減されます。

フリーWi-Fiを使用する危険性

フリーWi-Fiは無料で利用できるWi-Fiスポットで公衆無線LANやフリースポット、ホットスポットとも呼ばれます。

フリーWi-Fiを利用する際には、個人情報が盗まれたりデータが改ざんされたりするセキュリティリスクがあります。

以下のフリーWi-Fiは気を付けましょう。

  1. 暗号化されていないWi-Fi
    通信内容が暗号化されていない場合、SNSやメールなどが盗み見られたり閲覧中のウェブサイトの情報が窃取されるリスクが高まります。
    そして個人情報の流出や情報を悪用される可能性があります。
    暗号化された「https://」から始まるアドレスのみアクセスしましょう。
  2. 偽の名前のWi-Fi
    正規のフリーWi-Fiと似た名前の偽のWi-Fiが存在することもあります。
    これに接続すると、乗っ取りや不正な操作の被害に遭う可能性があります。
    似た名前が複数並んでいる場合は慎重にWi-Fiを選びましょう。

そこでVPNを利用するとフリーWi-Fiに比べてセキュリティリスクを軽減できます。

仮想的な専用線をインターネット上に構築することで、安全性を確保できるのです。

VPNが必要なのはどんな人?

以下に当てはまる人はVPNサービスの利用をおすすめします。

  • セキュリティを重視するユーザー
    フリーWi-Fiの大半が暗号化されずにデータの送受信を行っているので危険です。
    VPNを使用することでフリーWi-Fiなどのネットワーク上でもデータを暗号化し、オンライン上の個人情報を保護できます。
    そして、第三者によるインターネット上の監視やデータの不正アクセスを防ぎます。
    ただし情報漏えいを完全に防ぐことは難しいため、セキュリティを重視する方はVPNだけでなく、スマートフォン用のセキュリティソフトも検討しましょう。
  • 地理的制限を回避したいユーザー
    VPNを利用することで現在地情報を隠し、地域制限のあるコンテンツにアクセスできるメリットがあります。
    これにより、世界中のウェブサイトやサービスにアクセス可能になります。
    例えば中国では外部サービスへの厳格な規制が行われており、FacebookやTwitter、LINEなどの利用が制限されています。
    VPNを使用することでこれらの制限を回避できます。
    一部のコンテンツやサービスではVPNを使用して地域制限を回避することを禁じている場合もありますので、注意が必要です。

VPNのメリット・デメリット

VPNを検討する前にメリットとデメリットは把握しておきましょう。

メリット

VPNには以下の4点のメリットがあります。

  1. 安全なインターネット利用可能
  2. 遠隔利用できる
  3. サブスクリプションが安くなる
  4. 通信制限が厳しい中国でも利用可能

安全なインターネット利用可能

VPNは通信内容を暗号化するため、外出先からでも安全に利用できます。
また、アクセスを匿名化することで、第三者に自分のIPアドレスを知られる心配がありません。

遠隔利用できる

VPNは遠隔地からでも利用できます。
距離が遠くてもネットワークを構築でき、海外からも利用可能です。
国内外や端末の制限なしで使えるため、「いつでもどこでも働く」スタイルを築けます。

サブスクリプションが安くなる

VPNを使用することで、サブスクリプションを安く利用できます。
一部のサブスクリプションは、日本よりも他の国で購入した方が安い場合があります。
そのため、VPN接続を利用して安い国にアクセスすることで安く契約することができます。
例えば、YouTubeプレミアム。
VPN接続をして安い国にアクセスしたままサブスクリプションを購入しましょう。
月額約120円で登録が可能になるかもしれません。

通信制限が厳しい中国でも利用可能

一部の国では、国内のインターネットへのアクセスに制限がかけられていることがあります。
例えば、中国では「Great Firewall(GFW)」と呼ばれる厳格なインターネット規制が行われています。
VPNを使えばこのような制限を回避できます。
ただし、利用するVPNによっては通信が遮断されたり通信速度が低下することがありますので、VPNを利用する際には慎重に選びましょう。

デメリット

VPNには以下の3点のデメリットがあります。

  1. VPNを利用するには料金がかかる
  2. 通信速度が低下したり、途中で途切れる可能性がある
  3. 情報漏洩のリスクがある

VPNを利用するには料金がかかる

多くの企業がVPNを提供していますが、大半は有料です。
中にも無料VPNはありますが、セキュリティが安全でなかったりデータ通信の遅延が起きる可能性があります。
料金や使い勝手などを考慮して、自分の生活スタイルに合ったVPNを選びましょう。

通信速度が低下したり、途中で途切れる可能性がある

VPNサーバーの性能や利用者数によって通信速度が遅くなることがあります。
データの暗号化による影響もあるため、動画のストリーミングなどで一時的に停止することがあるかもしれません。

情報漏洩のリスクがある

VPNを使用することでセキュリティは向上しますが、情報漏えいの可能性があります。
セキュリティを重視する方は、VPNだけでなくスマートフォン用のセキュリティソフトも検討しましょう。

VPNサービスを選ぶ際のポイント

VPNサービスを選ぶポイントは5点あります。

  1. 通信速度
  2. 同時接続可能台数
  3. 料金
  4. サポート体制
  5. セキュリティの高さ

通信速度

メールのやり取りを行う場合は、通信速度を気にする必要はありません。
しかし、写真の送受信を行ったり動画の視聴や送受信を行う場合は、速度が速いVPNサービスを選ぶことが重要です。
大手企業が提供するVPNサービスの大半は安定した通信速度を提供しています。

同時接続可能台数

ほとんどのVPNサービスには接続できるデバイスの台数に制限があります。
一部のプランでは同時接続台数に制限のないものもあります。

料金

VPNサービスの料金は大きく異なります。
料金により提供されるサービス内容も変わるため、生活スタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。
長期利用する場合は割引になることも多いので、検討してみましょう。

サポート体制

サポート体制は外国人の担当者が行うVPNが多いです。
日本語でのサポートが必要な場合は、日本製のサービスを選ぶか、公式サイトでサポート言語を確認しましょう。
また、24時間365日対応しているサービスを選ぶことも重要です。

セキュリティの高さ

セキュリティが低いVPNを使用すると、情報漏洩のリスクがあります。
公式サイトや評判などで、セキュリティ対策がどのようにされているか事前に確認しましょう。
例えばVPNが通信内容や使用状況をログに保存せず追跡しないノーログポリシーや、VPN接続が切断された際に自動的にすべてのネット接続を無効にするキルスイッチが搭載されていると安心です。
これらの機能が備わっているVPNは、情報が抜き取られるリスクが低く、高い安全性を提供していると言えます。

日本でおすすめなVPNサービス5選

VPNサービスは様々あるので、どれにしようか迷うでしょう。

ここでは、おすすめなVPNサービスを5つ紹介します。

NordVPN

運営会社NordVPNs.a.
料金1カ月プラン:1,920円/月
12ヵ月プラン:660円/月
24カ月プラン:560円/月
※スタンダードプランの場合
VPNサーバ数5,600台以上(60カ国)
接続デバイス数6台(1つのアカウント)
無料体験あり
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://nordvpn.com/ja/

NordVPNは、パナマを拠点とする「nordvpns.a.」という企業が提供しているVPNサービスです。

以下の特徴があります。

  • 支払い方法が豊富
    NordVPNは、クレジットカードやGoogle Pay、PayPal、UnionPay、AmazonPay、暗号通貨の6つの支払い方法があります。
    暗号通貨はカード情報などとの連携が不要のため、セキュリティを重視する方にはおすすめです。
  • 通信速度が速く安定している
    高速な通信速度のため、ウェブサイトの閲覧や動画視聴など快適に利用できます。
    通信速度を重視する方におすすめのVPNです。
  • 同時接続台数が多い
    NordVPNでは最大6台の同時接続が可能です。
    契約者自身だけでなく、家族や友人とも共有できます。
    家族が多い方や共有利用を考えている方におすすめです。
  • 対応している動画配信サービスの数が多い
    NordVPNはYouTube、Disney +、Netflix、HBO Max、Amazon prime Video、Spotify、Hulu、Rakuten Vikiといった多くの動画・音楽配信サービスに対応しています。
    海外から日本のNetflixやAmazon Prime Videoなど、地域制限のあるサービスもNordVPNを利用すればアクセス可能です。
  • セキュリティレベルが高い
    NordVPNは記録を残さないノーログを実現し、完全なプライバシー保護を提供しています。
    また、暗号化規格は軍事レベルの「AES256bit」を使用しており、強固なセキュリティレベルを保っています。

ExpressVPN

運営会社Express VPN International Ltd
料金1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
VPNサーバ数94台以上(94カ国)
接続デバイス数5台
無料体験あり
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://www.expressvpn.com/jp

ExpressVPNは、イギリス領ヴァージン諸島の企業であるExpress VPN Internationalが提供しているVPNサービスです。

以下の特徴があります。

  • 中国での利用が可能
    現時点では、ExpressVPNは中国でも問題なく利用できます。
    中国ではインターネット上の情報に対する国家レベルの検閲が行われているため、接続が途切れる可能性もありますが、ExpressVPNを利用すればアクセスできます。
    中国を訪れる際には、ExpressVPNを利用してください。
  • セキュリティレベルが高い
    ExpressVPNはAES-256という暗号化方式で保護しています。
    これはアメリカ政府も使用する高度な暗号化方式で、機密情報を取り扱うセキュリティ専門家も利用しているほど信頼されています。
    さらにExpressVPNは外部からの監査を受けており、安全性が証明されています。
    VPN接続が切れた際に情報を保護するキルスイッチ機能もあります。
    ただしiOS版にはキルスイッチ機能がないので注意が必要です。
    接続が切れると通常の通信に切り替わって情報が漏洩する可能性がありますので、セキュリティ上の重要な情報を扱う際には注意が必要です。
  • 世界中で利用可能
    ExpressVPNでは94か国からVPNサーバーのロケーションを選択できます。
    特定の国のロケーションを選択することで、海外のみ提供されているコンテンツも視聴可能です。
    また、一部の国ではサービスへの接続が規制されているため、ExpressVPNのロケーション機能を使えばこれらの国でも正常に接続できます。
  • 通信速度が速く安定している
    ExpressVPNはLightwayなどのプロトコルを利用して高速でストレスの少ない通信を提供しています。

MillenVPN

運営会社アズポケット株式会社
料金2年プラン:396円/月
1年プラン:594円/月
1カ月プラン:1,738円/月
VPNサーバ数1300台以上(47カ国)
接続デバイス数10台
無料体験なし
ノーログポリシーあり
サポートメール
公式サイトhttps://millenvpn.jp/

MillenVPNは、日本のアズポケット株式会社が提供しているVPNサービスです。

以下の特徴があります。

  • 信頼性が高い
    海外のVPNサービスには質の悪いものもありますが、MillenVPNは日本企業が運営しており安全性と信頼性に優れています。
    日本語でのマニュアルやサポートも完備しており、安心して利用できます。
  • 使いやすい
    MillenVPNは使いやすいデザインが特徴で、初心者でも簡単に利用できます。
    スマートフォン向けの専用アプリも提供されており、ログイン後は「サーバー」や「ダッシュボード」をクリックするだけでVPN接続が可能です。
  • 大容量ダウンロード対応
    大容量のダウンロードやSNS、オンラインゲームなども快適に利用できます。
    通信を安定させることで、アクセスが集中する時間帯でもストレスなく利用できます。
  • 豊富な動画配信サービス対応
    日本人向けの動画サービスを中心に、他社VPNと比べて対応しているサービスが多いです。
    wowowやmusic.jp、Telasa、VideoMarket、FODなど、さまざまなサービスを利用できます。
  • 中国での利用可能性
    MillenVPNは、厳しいネット規制下の中国でも利用可能です。
    通常、中国では日本のSNSやYouTube、Hulu、Netflixなどにアクセスできませんが、MillenVPNを使うことでこれらの制約を回避し接続できます。
    中国内では政府が承認したVPN以外の利用は制限されていますが、MillenVPNに含まれるOpenConnectを使用すれば中国でも利用可能です。
    MillenVPN Nativeは無料のオプションで専用アプリの手間を省き、VPN接続を手軽に行えます。
    初めてVPNを使う人にも適しているでしょう。
  • ゲーム利用可能
    オンラインゲームに適しており、世界規模のネットワークを活用して通常接続できないサーバーにも接続可能です。通信が安定しているので、ストレスなくゲームを楽しめます。

Surfshark

運営会社Surfshark Ltd.
料金1カ月プラン:2,688円/月
12カ月プラン:628円/月
24カ月プラン:408円/月
※Surfshark Oneの場合
VPNサーバ数3200台以上(100カ国以上)
接続デバイス数無制限
無料体験なし
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://surfshark.com/ja

Surfsharkはオランダに本社を構えるVPNサービスです。

「VPN Solution of the Year 2022」に表彰され、AV-TEST認証を取得するなど、その信頼性と効果において高い評価を受けています。

以下の特徴があります。

  • セキュリティレベルが高い
    Surfsharkは軍事や企業で使用される最高水準の暗号化方式AES-256暗号化を採用しています。
    オンライン上でのデータ送信や受信を行う際、ユーザーの情報を保護し、ハッカーや不正アクセスから守ります。
    またノーログポリシーを採用しています。
    ユーザーのプライバシーを重視し、アクティビティに関するログを一切保持せず、閲覧履歴やダウンロードファイル、接続日時などの情報は一切記録されません。
    外部からの検閲でさえも、ユーザーの接続元を特定するのは難しいです。
    接続が急に失われた際にIPアドレスや場所、IDなどの個人情報が漏れるのを防ぐセキュリティ機能キルスイッチも搭載しています。
    緊急時やセキュリティ上の問題が発生した際、自動的に接続を切断し、ユーザーのプライバシーを守ります。
  • 接続台数が無制限
    さまざまなデバイスを同時に接続できます。
    スマートフォンやタブレット、パソコン、ルーターなど、どんな機器でもSurfsharkを使って安全にインターネットを利用できます。
    例えば、スマートフォンでのオンラインショッピングやパソコンでのビジネスメール送信時も安全に通信できます。さらに、同じアカウントで複数のデバイスを接続できるため、家族や友人と共有することも可能です。
    費用を節約しながら、プライバシーとセキュリティを確保できます。
  • 通信速度が速く安定している
    通信速度が高速で安定しており、多くのユーザーから高い評価を得ています。
    通信速度が速くストレスを感じることがないといった声や、動画配信や大容量ファイルの送受信にも適しているといった評価があります。
  • 中国でも利用可能
    Surfsharkは中国のネット規制に抵抗するため、サーバーを活用し、中国での接続が困難な場合でも他国のサーバーに接続することができます。
    ただし常に接続ができるわけではありません。
    中国ではVPNも監視され、規制強化のタイミングで接続が制限されることがあります。
    特に国会など重要な時期や規制の強化が予告される場合、一定期間Surfsharkが使えなくなる可能性があります。
    中国に渡航する前に現地の接続状況を事前に確認しましょう。
  • 返金可能
    30日間の返金保証を提供しています。必要な情報を入力し送信するだけで返金申請が完了します。
    返金処理には通常数営業日かかりますので、お待ちいただく必要があります。
    返金がお客様の口座に反映されるまでの期間は、金融機関や支払い方法によって異なる場合があります。
    返金保証の利用条件はなく、全額返金されるため、安心してサービスを試すことができます。

AtlasVPN

運営会社NordSecurity
料金1カ月プラン:1,573円/月
12カ月プラン:431円/月
24カ月プラン:215円/月
VPNサーバ数1000台以上(49カ国)
接続デバイス数無制限
無料体験あり
ノーログポリシーあり
サポートメール・チャット
公式サイトhttps://atlasvpn.com/ja/vpn-for-windows

AtlasVPNはアメリカ企業NordSecurityに運営されているVPNサービスです。

NordSecurityはAtlasVPNの他にも「NordVPN」を運営しています。

以下の特徴があります。

  • 同時接続台数が無制限
    AtlasVPNは同時接続台数が無制限です。
    NordVPN(6台)やExpressVPN(5台)などは台数制限があるため、AtlasVPNは台数に気を使わずに利用できる利点があります。
  • セキュリティレベルが高い
    AtlasVPNはセキュリティ機能が充実しています。
    匿名性の保護やログの非残存化、不審なサイトへの自動回避など、安全な利用環境を提供しています。
    AES-256暗号化という軍事や企業で採用される最高水準の暗号化方式を利用しています。
    これにより、オンライン上でのデータ送受信時においてユーザーの情報を保護し、ハッカーや不正アクセスから守ります。
    またユーザーのプライバシーを尊重するためノーログポリシーを採用しており、閲覧履歴やダウンロードファイル、接続日時などの情報を一切記録しません。
    さらに接続が急に失われた際には、IPアドレスや場所、IDなどの個人情報が漏れることを防ぐキルスイッチというセキュリティ機能も備えています。
    緊急時やセキュリティ上の問題が発生した場合、自動的に接続を切断し、ユーザーのプライバシーを守ります。
  • 無料で利用できる
    AtlasVPNは5GBまで無料で利用可能ですが、5GBを超えると利用が制限されるほか、接続可能なエリアも限定されます。
    機能も制限されていますので、無制限を求める場合は有料版に切り替える必要があります。

おすすめVPNサービス比較一覧表

NordVPNExpressVPNMillenVPNSurfsharkAtlasVPN
運営会社NordVPNs.a.Express VPN International Ltdアズポケット株式会社Surfshark Ltd.NordSecurity
料金1カ月プラン:1,920円/月
12ヵ月プラン:660円/月
24カ月プラン:560円/月
※スタンダードプランの場合
1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
2年プラン:396円/月
1年プラン:594円/月
1カ月プラン:1,738円/月
1カ月プラン:2,688円/月
12カ月プラン:628円/月
24カ月プラン:408円/月
※Surfshark Oneの場合
1カ月プラン:1,573円/月
12カ月プラン:431円/月
24カ月プラン:215円/月
VPNサーバ数5,600台以上(60カ国)94台以上(94カ国)1300台以上(47カ国)3200台以上(100カ国以上)1000台以上(49カ国)
接続デバイス数6台(1つのアカウント)5台10台無制限無制限
無料体験ありありなしなしあり
ノーログポリシーありありありありあり
サポートメール・チャットメール・チャットメールメール・チャットメール・チャット
公式サイトhttps://nordvpn.com/ja/https://www.expressvpn.com/jphttps://millenvpn.jp/https://surfshark.com/jahttps://atlasvpn.com/ja/vpn-for-windows

VPNサービスを使用する際の注意点

VPNサービスを使用する際の注意点として2点紹介します。

通信速度が遅くなったり、途中で途切れたりする

VPNは複数のユーザーが同時に利用するため、サーバーの混雑時に通信速度が遅くなる可能性があります。

また、データの暗号化が速度に影響を与え動画ストリーミングなどで一時的に停止することがあります。

その際には、以下を行ってみてください。

  • サーバーの変更
    サーバーの変更により、通信速度が向上することがあります。
    設定に異常がなくても、サーバーに問題があるとVPN接続が途切れることがあります。
    特定のサーバーが問題を引き起こしている場合は、別のサーバーへの接続を試しましょう。
    時刻を変えてアクセスしたり、サーバーを再起動することも有効です。
  • 混雑を避けた時間帯の利用
    VPNは利用可能なサーバー数に制限があるため、多くのユーザーが同時に接続すると速度が低下することがあります。
    そのような場合は、混雑が少ない早朝や深夜などの時間帯にVPNを利用することをおすすめします。
    通信量が少ない時間帯を選ぶことで、よりスムーズな接続が期待できます。
  • 一時的にセキュリティソフトを無効にする
    VPN接続の断続は、セキュリティソフトウェアが影響していることがあります。
    ウイルス対策ソフトやファイアウォールを一時的に無効にしてみてください。
  • インターネット接続の確認
    インターネット接続が正常かどうか確認してください。
    VPNを使用せずにウェブページを読み込んだり、Wi-Fiネットワークを一度切断して再接続したり、ルーターを再起動したりすることも試してみてください。

セキュリティが完全というわけではない

VPNサービスを利用しても接続先の不備による漏えいのリスクがあります。

インターネット利用時は外部からの不正アクセスを完全に遮断することは難しく、VPNの設定ミスから情報漏えいも考えられます。

設定に注意し、正しく利用しましょう。

以下のリスクが起こる可能性があります。

  • 公衆Wi-Fi利用時のリスク
    無料Wi-Fiや暗号化されていないWi-Fiを利用する際に、通信内容が盗聴される可能性があります。
    VPN情報が盗まれると、VPNを利用していてもデータの暗号化が無効になります。
  • VPN機器の脆弱性
    セキュリティ事故の多くはVPN機器の脆弱性が原因です。
    VPNサービスを選ぶ際はセキュリティ機能を検討しましょう。

コストがかかることがある

ほとんどの企業が有料のVPNを提供しています。

一部の無料VPNはセキュリティが不安定で通信遅延が起こる可能性があります。

安全性と速度を重視するなら、有料VPNを検討することが重要です。

VPNに関するよくある質問

料金や安全性についてVPNに関するよくある質問を紹介します。

VPNは安全なの?違法ではない?

VPNの利用が合法か違法かは、国によって異なります。

日本やアメリカ、イギリスなどでは合法ですが、ロシアやイラク、北朝鮮など違法とされています。

ただし、合法の国であってもVPNを利用して不正行為を行うことは、違法です。

以下の行為は違法となります。

  • ファイルのダウンロード(著作権侵害)
  • ハッキング
  • IPアドレスを隠して誹謗中傷する

これらの行為を行うためにVPNを使用することは、合法の国であっても違法です。

VPNの利用にかかる料金はどのくらい?

大体月1000円ほどです。

VPNにより無料プランや有料プランが用意されています。

長期間の契約をすると、月額料金が割引されるメリットがあります。

ただ料金だけでなく、その料金に見合ったサービス内容か注目しましょう。

安すぎると、セキュリティが低い場合があります。

無料のVPNを使っても平気?

無料のVPNサービスはたくさんありますが、有料のVPNと比較するとセキュリティ面は安全とはいえません。

そのため、あまりおすすめできません。

以下のようなリスクがあると考えられます。

  • 盗聴やマルウェア感染
  • 購入履歴や接続情報などの監視
  • 個人情報が盗まれる
  • 通信が暗号化されていない

有料のVPNの中でも30日間の返金保証や7日間の無料トライアルなど、条件付きで無料利用が可能なVPNもあります。

こういったサービスは、VPNを初めて利用する人にとって気軽に試せるでしょう。

おすすめのVPNサービスまとめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • VPNとは、仮想的なプライベートネットワークのこと
  • VPNにより無料プランや有料プランがある
  • 無料だとセキュリティが保証できないので、セキュリティを重視する方は有料プランがおすすめ

VPNにより、料金や支払方法、特徴が違います。

自分の生活スタイルに合ったVPNを選びましょう。