コメダ珈琲のフリーWi-Fiは危険?安全?安心して使うならVPN利用がおすすめ

コメダ珈琲のフリーWi-Fiは危険?安全?安心して使うならVPN利用がおすすめ

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiって安全に使えるの?

VPNを使えばフリーWi-Fiを快適に使えるって聞きましたがおすすめは?

この記事では、コメダ珈琲が提供しているフリーWi-Fiの安全性についてや、インターネット通信のセキュリティを確保する手段として優れているVPNの紹介・解説をしています。

コメダ珈琲のWi-Fiのが危険と言われていて不安な方は、おすすめのVPNサービスを知りたい方はぜひ参考にして下さい。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiとは?

コメダ珈琲は一部店舗を除き、来店者向けに簡単な登録だけで誰でも無料で利用可能なフリーWi-Fiを提供しています。

基本的にSSIDは「Komeda_Wi-Fi」で統一されており、一目でコメダ珈琲のフリーWi-Fiであることが分かるようになっています。

コメダ珈琲のようなリラックスできるカフェで通信容量を気にせず高速なフリーWi-Fiが利用できることから、純粋な飲食目的の来店者だけでなく、ビジネスマンなど幅広いユーザー層に支持を得て、導入される店舗が増えている模様です。

フリーWi-Fiとは?

フリーWi-Fiとは、特定の場所で誰でも無料で利用できる無線インターネット接続サービスのことで、コメダ珈琲のようなカフェや各種ショッピングモール、空港、コンビニエンスストアなど、さまざまな公共の場で提供されています。

フリーWi-Fiの最大の魅力は、一切コストをかけずにインターネットにアクセスできる点です。

特にコメダ珈琲のようなでは、多くの利用者が食事をしながらネットサーフィンを楽しんだり、仕事をしたりするために活用しています。

非常に便利なフリーWi-Fiですが、以降の項目で述べるようなデメリットも抱えています。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiは安全?危険?

コメダ珈琲のフリーWi-Fiは以下の理由から安全とは言えません。

それぞれについて解説します。

通信が暗号化されていない

コメダ珈琲のフリーWi-Fiは通信内容が暗号化されていません。

通信内容が暗号化されていないと、悪意のある第三者に盗聴・傍受されてしまい、どのようなサイトを閲覧したかの履歴や通販サイトで入力した氏名・住所などの個人情報やクレジットカード番号が知られてしまう可能性があります。

したがって、コメダ珈琲のフリーWi-Fiに限らず、公共のWi-Fiを利用する場合は、個人情報の入力は極力避けるべきでしょう。

しかし、それだとせっかくのフリーWi-Fiの使用用途が限定されてしまうため、セキュリティ対策としてVPNの導入を検討することをおすすめします。

なりすましスポットがある

フリーWi-Fiにはわざと紛らわしい名前のSSIDを設置して、間違って接続したデバイスを乗っ取るなりすましスポットが存在します。

例えばコメダ珈琲のフリーWi-FiのSSIDは基本的に「Komeda_Wi-Fi」で提供されますが、「Komeda_Wi-Fi_01」など、あたかもコメダ珈琲側が提供しているものと誤解させるような名前を付けてなりすまします。

万が一、なりすましスポットに接続してしまうと、デバイスに保存されたデータが盗まれたり、個人情報の漏洩に繋がるため、フリーWi-Fiを利用する際にはSSIDはしっかりと確認しましょう。

不特定多数の利用者がいる

コメダ珈琲は毎日多くの人々が利用します。

そうなると、自然とコメダ珈琲のフリーWi-Fiの利用者も増えるため、中には悪意を持っている人が含まれることもあるでしょう。

そういった不正行為を目的の人間は前述の「なりすましスポット」を設置したり、同一ネットワークに接続しているデバイスに不正アクセスを試みたりします。

万が一、ここで挙げた不正行為の被害に遭わないためにも、これから紹介するVPNの導入をおすすめします。

VPNを通してコメダ珈琲のフリーWi-Fiを使うのが安全

以下の理由により、コメダ珈琲のフリーWi-FiはVPNを使うと安全に利用できます。

データの暗号化

まず最初のVPN利点は、インターネット上の通信データを暗号化する機能です。

通信内容を暗号化することにより、データが第三者に傍受されても内容を解読することが非常に困難になります。

例えば、コメダ珈琲のフリーWi-Fiを利用している時に、悪意のあるハッカーがあなたのデバイスにアクセスして通信内容を盗聴しようとしても、暗号化されているためデータの内容を把握することができません。

これにより、クレジットカード情報やパスワードなどの重要な個人情報が守られます。

IPアドレスの匿名化

VPNを使用すると、ユーザーの実際のIPアドレスが隠され、代わりにVPNの中継サーバーのIPアドレスがインターネット上に表示されます。

こうすることで、ユーザーのオンライン上の行動が匿名化され、プライバシーが保護されます。

例えば、特定のウェブサイトやオンラインサービスにアクセスする際に、ユーザーの実際の位置情報が隠されるため、不正アクセスにより追跡されるリスクが低減されます。

また、匿名化により、地域制限(ジオブロック)を回避して、特定の国でしかアクセスできないコンテンツにもアクセスできるようになります。

コメダ珈琲は国内のみならず、海外においても店舗展開を行っているため、もしあなたが旅行先でコメダ珈琲に訪れることがあればVPNによる地域制限の回避は非常に有用です。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選

コメダ珈琲のフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選を紹介・解説します。

  • NordVPN
  • ExpressVPN
  • Surfshark

NordVPN

月額料金1カ月プラン:1,960円/月
12ヵ月プラン:690円/月
24カ月プラン:460円/月
※スタンダードプランの場合
サーバー数5,600台以上(60ヵ国以上)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数6台(1つのアカウント)
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows、MacOS、Linux、Android、iOS
運営企業NordVPN s.a.

NordVPNは、パナマに本拠地を置く、安定した通信速度とセキュリティの両面で業界トップクラスの老舗VPNサービスです。

老舗らしく全体的に高めのスペックを持ち、AES-256ビット暗号化、ノーログポリシー、ダブルVPN接続、キルスイッチ、そしてTorネットワークを利用したOnion Over VPNなどの強力なセキュリティ機能を提供します。

また、独自のNordLynxプロトコルを採用し、高速で安定した接続を実現。

NetflixやHuluなど、世界各国の各種ストリーミングサービスにも対応し、4,500以上の中継サーバーを提供しています。

大きな欠点がなく、VPN選びに迷ったらNordVPNにしておけば間違いがないレベルで安定したサービスで、初心者から上級者まで人を選ばないおすすめのVPNサービスです。

ExpressVPN

expressvpn
月額料金1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
サーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数5台
ノーログポリシーノーログポリシー対応
返金保証30日間
サポートメール・チャット
運営企業Express VPN International Ltd

ExpressVPNは、英国領バージン諸島に拠点を置く、セキュリティ面の信頼性の高さと業界最高水準の通信速度で知られるVPNサービスです。

セキュリティ面のに関しては、AES-256ビット暗号化、ノーログポリシー、ネットワークロック(キルスイッチ)など、必要最低限以上のセキュリティ機能を備えています。

また、ExpressVPN独自の高性能なLightwayプロトコルを採用し、高速で安定した接続を提供しています。

94カ国に3,000以上のサーバーを展開しており、特に設置国数が多いことから、地域制限の回避目的として非常に優れています。

スペック面以外では、ユーザーからはカスタマーサポートの質の高さが評価されており、多くのレビューでトップクラスのVPNとして位置付けられています。

若干の価格の高さが気になるものの、セキュリティ面・通信速度・カスタマーサポートの質と3拍子揃った実力派VPNサービスです。

Surfshark

surfsharkvpn
月額料金1カ月プラン:2,308円/月
12カ月プラン:488円/月
24カ月プラン:358円/月
※Surfshark Oneの場合
サーバー数3,200台以上(100ヵ国以上)
暗号化アルゴリズムAES-256
同時接続台数無制限
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows/macOS/iOS/Android/Linux
サポートメール・チャット
運営企業Surfshark B.V.(拠点:オランダ)

Surfsharkは、2018年サービス開始と歴史の浅いVPNサービスながらも高い評価を得ているコストパフォーマンスに優れたVPNサービスです。

オランダに拠点を置き、デバイス接続台数無制限な点を最大の特徴としています。

暗号化技術は他社と同水準のAES-256ビット暗号化、ノーログポリシー、キルスイッチなどの基本的なセキュリティ機能に加え、WireGuardプロトコルを採用しており、高速で安定した接続を提供します。

100カ国に3,200以上のサーバーを展開し、Amazonプライム、Netflix、Hulu、BBC iPlayerなどの多くのストリーミングサービスにも対応。

ユーザーからはそのコストパフォーマンスと機能の豊富さで高評価を得ており、特に無制限のデバイス接続が多くのユーザーにとって非常に魅力的です。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiに関するよくある質問

コメダ珈琲のフリーWi-Fiに関するよくある質問を掲載・回答します。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiに接続するのにVPNは必要?

コメダ珈琲のフリーWi-Fiに接続する時にVPNは必ず必要というわけではありません。

しかし、本記事で解説したように、コメダ珈琲に限らずフリーWi-Fiの多くは通信内容が暗号化されておらずそのまま使うのは危険が伴います。

可能であれば「コメダ珈琲のフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選」を参考に、しっかりとセキュリティを確保した上でフリーWi-Fiを利用しましょう。

VPNの利用は違法?

日本国内においてVPNの利用は基本的に違法ではなく合法です。

ただし、一部の国では規制・禁止されている場合があるため、使用する際には事前に現地の法律や規則を確認するようにして下さい。

なお、当然ながら合法の国であっても不正なファイルのダウンロードやハッキングなどの犯罪行為のためにVPNを利用する場合は違法となり得ます。

無料のVPNでコメダ珈琲のフリーWi-Fiに接続してもいい?

無料のVPNのすべてが悪いというわけではありませんが、多くの場合セキュリティ面が弱く、安全にフリーWi-Fiを利用するという目的に適していません。

したがって、コメダ珈琲のフリーWi-Fiに接続する場合は無料ではなくセキュリティ面に優れている有料のVPNを利用しましょう。

そもそもVPNって何ですか?

VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上でプライバシーを保護し、データのセキュリティを確保するための技術です。

VPNは、ユーザーのデバイスとインターネットの間に暗号化された仮想のトンネルを作成し、データを安全に送信します。

これにより、ユーザーの本来のIPアドレスが隠され、匿名化されます。

他国に設置されている中継サーバーを介し、IPアドレスを匿名化することで、地域制限により本来アクセスできない国のサービスを利用できるメリットもあり、利便性は非常に高いです。

VPNを使えば通信速度は速くなる?

結論から言えば、VPNに接続したからといって通信速度は速くなりません。

むしろ、暗号化など通常より通信が複雑になる仕組み上、わずかながら速度は低下する傾向にあります。

ただし、利用する中継サーバーによってはping値が改善され、ラグの軽減のきっかけになり、各種ストリーミングサービスを快適に利用できる場合があります。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiまとめ

この記事のおさらい
  • コメダ珈琲のフリーWi-Fiは暗号化されていないためセキュリティが弱い
  • コメダ珈琲のフリーWi-Fiは利用者が多く暗号化されていないため第三者に傍受されやすい
  • コメダ珈琲のフリーWi-Fiを安全に使うには暗号化技術を備えたVPNがおすすめ
  • 無料のVPNはセキュリティ、通信速度、サーバー数全てが低水準なためおすすめできない

この記事では、コメダ珈琲のフリーWi-Fiがなぜ危険なのかについてや、インターネットのセキュリティを高める方法としてVPNについて解説しました。

VPNは有料と無料どっちがいいのかという疑問を持つ方が多いですが、無料のVPNはコストをかけずに利用できる反面、セキュリティ機能が弱く、通信速度もかなり遅いため、フリーWi-Fiのセキュリティ強化の目的には向いていません。

コメダ珈琲のフリーWi-Fiに限らず、各種フリーWi-Fiを利用する場合は、本記事を必ず有料のVPNを選択するようにしましょう。