大阪メトロのフリーWi-Fiは危険?安全?安心して使うならVPN利用がおすすめ

大阪メトロのフリーWi-Fiは危険?安全?安心して使うならVPN利用がおすすめ

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

大阪メトロのフリーWi-Fiって危険性はなく安全に使えるの?

フリーWi-Fiに繋ぐ時はVPNがあると良いって聞いたけど本当?

この記事では大阪の一部施設が提供している大阪メトロのフリーWi-Fiの安全性や危険性のほか、インターネットのセキュリティ確保の手段として優秀なVPNを紹介・解説しています。

大阪メトロのフリーWi-Fiが危険なのか心配な方や、おすすめのVPNを知りたい方はぜひ参考にして下さい。

大阪メトロのフリーWi-Fiとは?

大阪メトロのフリーWi-Fiは、大阪市営地下鉄が提供する無料のインターネット接続サービスです。

多くの駅や一部の車両内で利用可能な観光客や通勤者にとって便利なサービスで、簡単な登録手続きを行うだけで、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンから手軽にインターネット通信が行えます。

大阪メトロのフリーWi-Fiは2023年3月に一部の施設を除き提供を終了しています。

フリーWi-Fiとは?

フリーWi-Fiは、公共の場所や施設で無料で提供されるWi-Fiネットワークのことです。

カフェや空港、ショッピングモール、アミューズメント施設など、さまざまな場所で提供されており、一切の費用をかけることなく誰でも利用可能なネットワークとなっています。

フリーWi-Fiの危険性について

フリーWi-Fiは誰でも無償で利用できる反面、いくつかの危険性があります。

特にセキュリティ面でのリスクが高く、以下のような問題を抱えています。

データの盗聴

フリーWi-Fiは、暗号化されていないことが多く、これが大きなセキュリティリスクとなります。

暗号化されていない公共のWi-Fiネットワークでは、悪意のある第三者が簡単に通信内容を盗聴することができてしまい、例えば、ユーザーが送受信するメールやログイン情報、閲覧しているウェブサイトのデータなどが全て筒抜けになってしまいます。

不正アクセス

フリーWi-Fiのもう一つの大きな危険性は、不正アクセスです。

悪意のあるハッカーは、同じWi-Fiネットワークに接続している他のデバイスにアクセスすることができ、ユーザーのデバイス内のデータを盗んだり、マルウェアやウイルスをインストールされるリスクがあります。

なりすましアクセスポイント

一見すると企業が提供しているフリーWi-Fiのアクセスポイントと似ている、もしくは同じ名前を使ってなりすましのアクセスポイントを解放している悪意のある第三者が存在します。

例えば、スターバックスコーヒーが提供するフリーWi-Fiのアクセスポイント名は「at_STARBUCKS_Wi2」なのですが、「at_STARCUKS_WI3」のような紛らわしい名前を使い、なりすましを行います。

うっかりなりすましのアクセスポイントに接続してしまうと、デバイス内の情報が抜き取られたり、乗っ取りされてしまう可能性が高いです。

なりすましポイントの被害に遭わないためにも、公共のWi-Fiを利用する場合は、アクセスポイント名にも注意を払いましょう。

危険なフリーWi-Fiに接続してしまうとどうなる?

危険なフリーWi-Fiに接続すると、以下のようなリスクが考えられます。

個人情報の漏洩

フリーWi-Fiを利用する際の最大のリスクの一つが、個人情報の漏洩です。

例えば、暗号化されていないWi-Fiネットワークに接続した場合、メールアドレスや各種ログインIDおよびパスワード、さらにはクレジットカードの情報までもが第三者に簡単に盗まれる可能性があります。

特に公共の場所で利用されることが多いフリーWi-Fiでは、このような情報が盗まれるリスクは非常に高くなります。

マルウェア感染

もう一つのリスクは、デバイスへのマルウェアやウイルスの感染です。

不正アクセスを受けた際に、悪意のあるハッカーはユーザーのデバイスに持ち主に知られることなくマルウェアやウイルスをインストールすることが可能です。

これにより、ユーザーの個人情報や機密データが抜き取られるだけでなく、通信速度の低下や動作不良など、デバイスの正常な機能が損なわれる可能性もあります。

また、一度マルウェアやウイルスに感染してしまうと、知らず知らずのうちに同種の被害の拡散に加担してしまうケースもあるため、万が一これらの感染を察知した場合は、デバイスの初期化など、オフライン環境にて処置を行う必要があります。

通信内容の傍受

フリーWi-Fiのもう一つの重大なリスクは、第三者による通信内容の盗聴や傍受です。

暗号化されていない通信は、Wi-Fiの電波の届く範囲内にいる第三者に簡単に盗聴・傍受される状態になっています。

つまり、ユーザーが閲覧しているウェブサイトや送受信しているメッセージ、入力したパスワードなどがすべて第三者に盗み見られてしまう可能性があります。

例えば、インターネットバンキングやオンラインショッピングの際にこれらの情報が盗聴されると、クレジットカードの不正使用などに繋がり、経済的な不利益を被ってしまいます。

大阪メトロのフリーWi-Fiは安全?危険?

結論から言えば大阪メトロのフリーWi-Fiは以下の観点から安全とは言い難いです。

それぞれについて解説します。

  • 通信が暗号化されていない
  • セキュリティ機能が不明
  • 非常に多くの人間が簡単にアクセスできる

通信が暗号化されていない

大阪メトロのフリーWi-Fiは、通信内容が暗号化されていません。

通信が暗号化されていないと、Wi-Fiの電波の届く範囲内にいる第三者が、簡単に通信内容を盗聴・傍受することが可能です。

具体的には、ユーザーが送受信するメール、各種ウェブサイトのログイン情報、クレジットカード情報などが盗まれる危険性があります。

セキュリティ機能が不明

大阪メトロのフリーWi-Fiには、具体的なセキュリティ機能が明示されていません。

セキュリティの強さの目安となるプロトコルや暗号化技術の詳細が不明であるため、どの程度の保護が提供されているのか判断できません。

そのような状態でフリーWi-Fiに接続し続けるのは、非常にリスクが高いと言えます。

非常に多くの人間が簡単にアクセスできる

大阪メトロのフリーWi-Fiは、多くの人々が利用する公共のネットワークであり、誰でも簡単にアクセスできるため、悪意のある第三者がネットワークに侵入しやすく、様々なセキュリティリスクが存在します。

例えば、ウイルスやマルウェアの拡散、前述の通信内容の盗聴・傍受などが主なリスクとして挙げられます。

VPNを通して大阪メトロのフリーWi-Fiを使うのが安全

大阪メトロのフリーWi-Fiを安全に利用するためには、VPNを活用することが最も手軽で効果的な方法です。

以下に、VPNを利用する具体的なメリットとその重要性について詳しく説明します。

通信の暗号化によるセキュリティ強化

VPNの最大の利点は、ユーザーの通信データを暗号化することで、インターネット上で送受信される情報を第三者から保護します。

仮に悪意のある第三者がフリーWi-Fiにアクセスして通信を傍受しようとしても、暗号化されたデータは解読不可能なため、ユーザーのプライバシーが保護されます​。

大阪メトロのフリーWi-Fiに限らず、公共のWi-Fiは通信が暗号化されていないことが多いため、VPNはユーザーの身を守る手段として最適です。

プライバシー保護と匿名性の向上

VPNを利用するもう一つの大きなメリットは、オンライン上のプライバシーの保護と匿名性の向上です。

VPNは中継サーバーを経由することで、ユーザー本来のIPアドレスを隠し、仮想のIPアドレスを提供するため、不正アクセスやオンライン上の追跡を防ぐことができます。

大阪メトロのフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選

大阪メトロのフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選を紹介します。

NordVPN

月額料金1カ月プラン:1,960円/月
12ヵ月プラン:690円/月
24カ月プラン:460円/月
※スタンダードプランの場合
サーバー数5,600台以上(60ヵ国以上)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数6台(1つのアカウント)
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows、MacOS、Linux、Android、iOS
運営企業NordVPN s.a.

NordVPNはパナマに拠点を置く老舗VPNサービスで、強力なセキュリティとプライバシー保護を提供します。

軍事レベルの暗号化技術AES-256や厳格なノーログポリシーを採用しており、VPNを利用する目的として最多のセキュリティやプライバシー保護の強化を求めるユーザーに最適です。

また、NordLynxという独自のプロトコルを使用することで、従来のVPNプロトコルよりも高速な接続が可能です。

NordVPNは老舗のVPNサービスだけあり、これといって大きなデメリットはなく、初めてVPNに触れる方から上級者まで、幅広いユーザーにおすすめできます。

おすすめポイント
  • 高い知名度と世界トップクラスのユーザー数からくる安心感
  • 通信速度、セキュリティ、サポートと全てにおいて高水準
  • 5,600台を超える中継サーバー数

ExpressVPN

expressvpn
月額料金1カ月プラン:$12.95/月
6カ月プラン:$9.99/月
12カ月プラン:$6.67/月
サーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数5台
ノーログポリシーノーログポリシー対応
返金保証30日間
サポートメール・チャット
運営企業Express VPN International Ltd

ExpressVPNはイギリス領ヴァージン諸島に本社を構えるVPNサービスで、接続アプリの使いやすさと高い通信速度が特徴です。

世界中に94ヵ国に3,000台以上のサーバーを持ち、世界中のどこからでも高速かつ安定した接続が可能です。

業界最高クラスの通信速度を提供しているため、特にストリーミングサービスとの相性が良く、サーバーの設置国数もトップクラスなことから地域制限(ジオブロック)の解除にも優れています。

ExpressVPNはオンラインゲームや動画のサブスクリプションなど、通信速度が快適さに直結する用途を多用する方におすすめのVPNサービスです。

おすすめポイント
  • VPN業界最高クラスの通信速度
  • 中継サーバーの設置国数の多さ
  • 高いセキュリティ機能

Surfshark

surfsharkvpn
月額料金1カ月プラン:2,308円/月
12カ月プラン:488円/月
24カ月プラン:358円/月
※Surfshark Oneの場合
サーバー数3,200台以上(100ヵ国以上)
暗号化アルゴリズムAES-256
同時接続台数無制限
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows/macOS/iOS/Android/Linux
サポートメール・チャット
運営企業Surfshark B.V.(拠点:オランダ)

Surfsharkはオランダに拠点を置く2018年にサービスを開始した新興のVPNプロバイダーで、コストパフォーマンスの高さが魅力です。

また、1つのアカウントで無制限にデバイスを接続できる点は、他社にはない大きなウリのひとつとなっています。

VPN業界全体としては比較的若いサービスとなるため、サーバー数が少ないなど、今後に期待したい部分もありますが、さまざまなセキュリティ機能がひとつとなった「Surfshark One」を始め、意欲的なサービスを提供しています。

Surfsharkは、「料金の安さ」「無制限のデバイス接続」といった、コストパフォーマンスを重視する方に特におすすめのVPNサービスです。

おすすめポイント
  • コストパフォーマンスの高さ
  • 無制限のデバイス同時接続
  • Surfshark Oneによる更なるセキュリティ機能の強化

大阪メトロのフリーWi-Fiに関するよくある質問

大阪メトロのフリーWi-Fiに関するよくある質問を掲載・回答します。

大阪メトロのフリーWi-Fiに接続するのにVPNは必要?

VPNを利用することで、通信内容の暗号化が行われ、セキュリティが向上します。

特に大阪メトロのフリーWi-Fiのようなセキュリティ機能が低い回線を利用する際には、安全性の面からVPNの利用が推奨されます。

VPNの利用は違法?

VPNの利用は基本的に違法ではなく、日本国内でも合法です。

ただし、一部の国では規制・禁止されている場合があるため、使用する際には事前に現地の法律や規則を確認するようにして下さい。

なお、当然ながら合法の国であっても犯罪行為のためにVPNを利用する場合は違法となり得ます。

無料のVPNで大阪メトロのフリーWi-Fiに接続してもいい?

無料のVPNはセキュリティや通信速度に問題があることが多いため、「大阪メトロのフリーWi-Fiを使うのにおすすめのVPN3選」で紹介した有料ながら信頼できるVPNを利用することをおすすめします。

大阪メトロのフリーWi-Fiはどのくらいの時間利用できますか?

大阪メトロのフリーWi-Fiは、1回の接続につき最大60分間利用できます。

時間が経過した後も引き続き利用する場合は、再度接続を行う必要がありますが、1日の接続回数に制限はなく、何度でも再接続可能です。

VPNに接続すると通信速度は速くなりますか?

結論から言えば、VPNに接続したからといって通信速度は速くなりません。

むしろ、暗号化など通常より通信が複雑になる仕組み上、わずかながら速度は低下する傾向にあります。

ただし、利用する中継サーバーによってはping値が改善され、ラグの軽減のきっかけになる場合もあります。

大阪メトロのフリーWi-Fiまとめ

この記事のおさらい
  • 大阪メトロのフリーWi-Fiはセキュリティ面では不安がある
  • 大阪メトロのフリーWi-Fiは第三者に傍受されやすくリスクが高い
  • 大阪メトロのフリーWi-Fiを安全に使うにはVPNがおすすめ
  • 無料のVPNはセキュリティ、通信速度、サーバー数全てが低水準なためおすすめできない

大阪メトロのフリーWi-Fiまとめ

この記事では、大阪メトロのフリーWi-Fiのセキュリティリスクと、それを回避する方法としてVPNについて解説しました。

VPNは無料のものと有料のものがありますが、前者はセキュリティ機能が低く、フリーWi-Fiを安全に使う目的には適していません。

また、仮に使ったとしても、通信速度が遅く、非常にストレスになることが予想されるため、やはりおすすめできません。

大阪メトロのフリーWi-Fiに限らず、公共のWi-Fiを利用する場合は、本記事を参考に強固なセキュリティを提供する有料VPNサービスの導入を検討しましょう。