レンタルサーバーおすすめランキングTOP10!WordPress対応の初心者向けのサービスを徹底比較

レンタルサーバーおすすめランキングTOP10!WordPress対応の初心者向けのサービスを徹底比較

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

これからレンタルサーバーと契約をしてWordPressを用いてサイトやブログの運用を始めたいならば、どのサービスを利用するか決める必要があります。

数多くのレンタルサーバーが存在しており、どのサービスが自分に適しているか、何を基準に選べばいいかわからない方は多いでしょう。

本記事では初心者向けのレンタルサーバーのおすすめランキングTOP10を紹介します。

他にもレンタルサーバー選びや契約の際に知っておきたい重要なポイントや注意点などを解説しているため参考にしてください。

この記事の目次

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとはサーバーを利用する権利を貸し出しているサービスのことで、運営会社と契約してサーバーの各種機能を利用します。

レンタルサーバーでは、サーバーの保守管理は運営会社が行っているのが特徴で、サーバーの構築やメンテナンス、トラブルの対応などを自身でする必要はありません

レンタルサーバーは、ホームページやブログの公開やネットショップ経営、メールアドレスの利用などさまざまな目的に使用できます。

利用規約に違反しなければ、どのような用途にも利用できるのが特徴であり、多くの方が利用しているサービスです。

レンタルサーバーにはさまざまな種類が存在しており、目的に合わせて使い分けることが重要になります。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類を以下にまとめました。

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPS(仮想専用サーバー)
  • クラウドサーバー

1台のサーバーを複数人で共有して利用するのが共用サーバーです。

共用サーバーは他の利用者の影響を受ける点がデメリットであり、アクセス集中で重くなることがあります。

専用サーバーはユーザーが1台のサーバーを専有できるサーバーであり、動作が快適になるのがメリットですが、料金が高くなる点はデメリットです。

VPSは1台のサーバーの中で仮想的に複数のサーバーを構築し、仮想的なサーバーを各ユーザーが専有できるサービスを指します。

VPSは他のユーザーの影響が小さくなるのが特徴であり、専用サーバーよりもコストが安い点がメリットです。

クラウドサーバーはクラウド上に存在するサーバーを利用できるサービスであり、1つの契約で仮想サーバーを複数利用できる点がメリットとなっています。

レンタルサーバーのおすすめな選び方

レンタルサーバーを選ぶ際にはさまざまなポイントを意識することが大事です。

以下の項目をチェックすれば、満足できるサービスを探せるでしょう。

  • 初期費用・月額料金
  • サーバー性能・安定性
  • 表示速度やストレージ容量
  • WordPressサイト運営が可能かどうか
  • セキュリティ対策面
  • サポート体制の充実度

どのくらいコストがかかるのか、どの程度のスペックがあるのか、どんな機能を利用できるのか、どんなサポートを得られるのかといったポイントが重要になります。

ここからは、サーバー選びの重要なポイントについて詳しく解説していきます。

初期費用・月額料金

レンタルサーバーを選ぶ際には初期費用と月額料金がどの程度かかるかに注目することが大事です。

初期費用は無料のサービスが多いのですが、数千円程度かかる場合もあります。

月額料金は月額数百円のサービスから、月額1万円を超えるものまであり、価格帯は幅広いです。

高スペックでストレージ容量も大きなサービスほど、月額料金は高くなります。

また、さまざまなプランが用意されており、各プランごとに費用が異なる点にも注意が必要です。

同じような条件のプランを比較すれば、それぞれのサービスのコスパが良いかどうか判断できます。

サーバー性能・安定性

レンタルサーバーのサーバー性能はどの程度があるのか、安定性があるのかといった観点は重要です。

性能はサーバーを利用する際の用途に影響し、ストレスなく快適に利用できるかどうかにも関係します。

また、サーバー性能だけではなく、サーバーが安定して稼働しているかどうかも大事です。

サーバー性能で重要な項目はメモリやCPUコアなどのことであり、基本的に数値が高いほど濃くスペックになります。

ただし、レンタルサーバーの中にはメモリやCPUコアなどのスペックを非公開にしているサービスもあるため注意しましょう。

表示速度やストレージ容量

レンタルサーバーで公開したサイト・ブログの表示速度やWordPressの処理速度、ストレージ容量といった要素は重要です。

商用利用する場合は、表示速度が遅いとユーザーが離れる原因となるため、こだわるべき項目といえます。

ただし、表示速度は客観的な数値を公開していないサービスが多いため、口コミや評判なども参考にしましょう。

表示速度を向上させるためにどのような技術を取り入れているのか、どんな工夫をしているのかも大事です。

また、ストレージ容量は、レンタルサーバーにどれだけのデータを保管できるのかに影響するため、目的に合わせて適切な容量が確保されているかチェックしましょう。

テキストデータを中心とするのであれば、最低限の容量でも問題ありません。

一方、動画をサイトなどにアップしたい場合は大容量のストレージが必要になるため、どのくらいのサイズのデータを扱うのか事前に見積もっておきましょう。

WordPressサイト運営が可能かどうか

WordPressでサイト運営をすることを目的としているならば、レンタルサーバーがWordPressに対応しているか確認しましょう。

WordPressのインストールや設定などを簡単に行えるツールを用意しているサービスをおすすめします。

他社からWordPressを移行する際の手続きを簡単に行える機能を提供するサービスもあり便利です。

WordPressを高速化するための機能を提供しているサービスを選ぶと、処理速度が向上します。

WordPressのサイト運営を助ける便利な機能やサポートを用意しているサービスを選びましょう。

セキュリティ対策面

レンタルサーバーのセキュリティ対策としてどのような機能や工夫がされているのか確認しましょう。

たとえば、SSLやファイアウォール、WAFなどの機能を提供しているサービスであればセキュリティ対策を実施できます。

各種通知機能が備わっているサービスを利用すると、サイトの改ざんなどにすぐに気がつくことが可能です。

他にもセキュリティ診断や国外IPのアクセス制限、ログイン試行回数の制限といった項目にも注目しましょう。

多くのセキュリティ対策に対応しているサービスであれば、不正アクセスなどのリスクを抑えられます。

サポート体制の充実度

レンタルサーバーがどのようなサポートを提供してくれるのかを比較することで、使いやすいサービスを選べます。

サポートが充実しているサービスであれば、不明点や疑問点をすぐ解決できて、トラブルが発生しても安心です。

問い合わせへの対応の仕方としては、電話やメール、チャットなどがあり、電話に対応する会社はあまりありません。

電話サポートに対応しているか、24時間365日受け付けているかといった点を重視しましょう。

レンタルサーバーおすすめ10選を徹底比較

月額料金容量サポート
エックスサーバースタンダード:990円~
プレミアム:1,980円~
ビジネス:3,960円~
スタンダード:300GB
プレミアム:400GB
ビジネス:500GB
電話・メールサポート
シンレンタルサーバーベーシック:770円~
スタンダード:1,540円~
プレミアム:3,080円~
ビジネス:6,160円~
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
ビジネス:600GB
電話・メールサポート
設定代行
ロリポップ!エコノミー:99円~
ライト:220円~
スタンダード:440円~
ハイスピード:550円~
エンタープライズ:2,200円~
エコノミー:120GB
ライト:350GB
スタンダード:450GB
ハイスピード:500GB
エンタープライズ:1.2TB
チャットサポート
電話サポート(スタンダード以上)
ConoHa WING(コノハウィング)ベーシック:678円~
スタンダード:2,118円~
プレミアム:4,235円~
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
電話・メールサポート
さくらのレンタルサーバライト:121円~
スタンダード:500円~
ビジネス:1,980円~
ビジネスプロ:3,850円~
ライト:100GB
スタンダード:300GB
ビジネス:600GB
ビジネスプロ:900GB
電話・チャット・メールサポート
mixhostスタンダード:968円~
プレミアム:990円~
ビジネス:2,178円~
スタンダード:50GB
プレミアム:50GB
ビジネス:100GB
WordPressサポート
Zoomサポート(プレミアム以上)
設定代行サービス(プレミアム以上)
問い合わせフォーム
カラフルボックスBOX1:528円~
BOX2:968円~
BOX3:1,628円~
BOX4:2,178円~
BOX1:150GB
BOX2:300GB
BOX3:400GB
BOX4:500GB
電話・メール・チャットサポート
ラッコサーバーRK1:330円~
RK2:743円~
RK3:1,485円~
RK1:100GB
RK2:400GB
RK3:600GB
問い合わせフォーム
お名前.conレンタルサーバー891円~400GB電話・メールサポート
ムームーサーバー1,430円500GB電話・メールサポート

レンタルサーバーは、さまざまな料金プランがあり、ストレージ容量やサポート内容にも違いがあります。

何を重視するかによって、自身に最適なレンタルサーバーは異なるものです。

サーバーを選ぶ際に重視する項目を決めた上で、おすすめのレンタルサーバーの情報を比較して、契約するサーバーを選びましょう。

レンタルサーバーおすすめ10社ランキング

レンタルサーバーの中でも特におすすめできる10社について、それぞれ紹介します。

① エックスサーバー

月額料金スタンダード:990円~
プレミアム:1,980円~
ビジネス:3,960円~
容量スタンダード:300GB
プレミアム:400GB
ビジネス:500GB
メモリ・CPUコアスタンダード:8GB/6コア
プレミアム:12GB/8コア
ビジネス:16GB/10コア
サポート体制電話・メールサポート

エックスサーバーはスタンダードからビジネスまで3つのプランを展開しているレンタルサーバーです。

国内シェアはトップクラスであり、サーバー速度に優れていて、人気を集めています。

WordPressに特化したさまざまな機能が揃っているのが特徴であり、初心者でも安心してサイトやブログ運営に利用できます。

WordPressの簡単インストールや簡単移行、自動バックアップといった機能が用意されていて便利です。

電話とメールによるサポートに対応していて、困ったことがあってもすぐに解決できます。

② シンレンタルサーバー

月額料金ベーシック:770円~
スタンダード:1,540円~
プレミアム:3,080円~
ビジネス:6,160円~
容量ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
ビジネス:600GB
メモリ・CPUコアベーシック:6コア/8GB
スタンダード:8コア/12GB
プレミアム:10コア/16GB
ビジネス:12コア/20GB
サポート体制電話・メールサポート、設定代行

シンレンタルサーバーは高いサーバー性能を低価格で提供していて人気の高いレンタルサーバーです。

WordPressを高速で処理できる実行環境のKUSANAGIを提供しているため、WordPressを高速化できます。

利用しやすいUIを採用しており、管理ツールは使いやすくて高機能です。

電話とメールによるサポートに対応しており、さらに設定代行も受け付けているため、初心者にもおすすめできます。

③ ロリポップ!

月額料金エコノミー:99円~
ライト:220円~
スタンダード:440円~
ハイスピード:550円~
エンタープライズ:2,200円~
容量エコノミー:120GB
ライト:350GB
スタンダード:450GB
ハイスピード:500GB
エンタープライズ:1.2TB
メモリ・CPUコア非公開
サポート体制チャットサポート、電話サポート(スタンダード以上)

ロリポップは格安の料金で提供されているレンタルサーバーであり、とにかく料金を抑えたい方におすすめです。

ライトプラン以上ではWordPressに対応しており、独自ドメインも使えるため、複数サイトの運営もできます。

ただし、すべてのプランにおいてメモリやCPUコアのスペックが非公開になっているため、ハイスペックを求める方には向いていません。

チャットサポートに対応しており、スタンダードプラン以上であれば電話サポートも受け付けています。

④ ConoHa WING(コノハウィング)

月額料金ベーシック:678円~
スタンダード:2,118円~
プレミアム:4,235円~
容量ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
メモリ・CPUコアベーシック:8GB/6コア
スタンダード:12GB/8コア
プレミアム:16GB/10コア
サポート体制電話・メールサポート

ConoHa WINGは長期利用で割引されるWINGパックを用意しており、月額料金を抑えることができます。

WINGパックを選ぶと2つの独自ドメインを永久に無料で利用できる特典が用意されているためお得です。

ハイスペックなレンタルサーバーであり、容量も充実しており、さまざまな用途に向いています。

管理画面が使いやすく、WordPressの利用を前提として設計されているため、サイトの管理がしやすいです。

メールだけではなく電話サポートにも対応しており、迅速に回答してくれます。

⑤ さくらのレンタルサーバ

月額料金ライト:121円~
スタンダード:500円~
ビジネス:1,980円~
ビジネスプロ:3,850円~
容量ライト:100GB
スタンダード:300GB
ビジネス:600GB
ビジネスプロ:900GB
メモリ・CPUコア非公開
サポート体制電話・チャット・メールサポート

さくらのレンタルサーバは格安の料金プランを用意していて、費用を抑えやすいレンタルサーバーです。

スタンダード以上のプランではWordPressに対応しており、十分なストレージ容量を用意しています。

ただし、メモリとCPUコアのスペックは非公開となっているため、スペックにこだわる人は注意しましょう。

WordPressをクイックインストールする機能が用意されており、コントロールパネルから各種設定や機能拡張などを簡単に行えます。

電話とチャット、メールによるサポートに対応しており、トラブルが起きてもすぐに解決できます。

⑥ mixhost

月額料金スタンダード:968円~
プレミアム:990円~
ビジネス:2,178円~
容量スタンダード:50GB
プレミアム:50GB
ビジネス:100GB
メモリ・CPUコア非公開
サポート体制WordPressサポート、Zoomサポート(プレミアム以上)、設定代行サービス(プレミアム以上)、問い合わせフォーム

mixhostはさまざまな用途に対応したプランを用意しており、WordPressを利用したい初心者の方にもおすすめです。

30日間の返金保証を用意しているため、興味のある方は気軽に利用してみることができます。

開発用にテストサイトを作成できる機能があり、テストサイトをワンクリックで公開可能です。

WordPressサポートを提供していて、メールやチャットでWordPressの使い方のアドバイスをもらえます。

プレミアムプラン以上であればZoomサポートや設定代行サービスを利用できて、充実したサポートを期待できます。

⑦ カラフルボックス

月額料金BOX1:528円~
BOX2:968円~
BOX3:1,628円~
BOX4:2,178円~
容量BOX1:150GB
BOX2:300GB
BOX3:400GB
BOX4:500GB
メモリ・CPUコアBOX1:2GB/1コア
BOX2:8GB/6コア
BOX3:12GB/8コア
BOX4:16GB/10コア
サポート体制電話・メール・チャットサポート

カラフルボックスは幅広い料金プランを展開していて、低スペックで格安なプランから高スペックなプランまで揃っています。

いずれのプランでも電話やメール、チャットによるサポートに対応しており、素早く回答してくれるため安心です。

すべてのプランでSSLを利用することができ、WAFやIPS、IDSにも対応しており、充実したセキュリティ機能を揃えています。

WordPressの簡単インストールに対応しており、自動バックアップの機能もあって、サイト運営で利用しやすいレンタルサーバーです。

⑧ ラッコサーバー

月額料金RK1:330円~
RK2:743円~
RK3:1,485円~
容量RK1:100GB
RK2:400GB
RK3:600GB
メモリ・CPUコアRK1:2GB/1コア
RK2:8GB/6コア
RK3:18GB/10コア
サポート体制問い合わせフォーム

3つの料金プランがあり、3年契約であれば月あたりに換算すると格安の料金で利用できるレンタルサーバーです。

WordPressを簡単に移行できる機能やWordPressの自動インストール機能が用意されています。

ドメイン登録や設定、SSLの設定、WordPressインストールがセットになった「かんたんブログスタート」という機能があり便利です。

30日間の自動バックアップのサービスが用意されており、復元はいつでも無料で行えます。

問い合わせフォームからのカスタマーサポートに対応しており、平日の日中のみの対応です。

⑨ お名前.conレンタルサーバー

月額料金891円~
容量400GB
メモリ・CPUコア非公開
サポート体制電話・メールサポート

お名前.conレンタルサーバーは料金プランが1つだけであり、契約期間により料金が変動するシステムを採用しています。

3年契約の場合は月額料金が891円になり、1年契約の場合でも月額料金は1,070円です。

メモリやCPUコアなどスペックは非公開となっているため、その点は了承した上で利用しなければいけません。

電話サポートは24時間365日いつでも対応しているため、困ったことがあってもすぐ解決できます。

マルチドメインやデータベースは無制限であり、Web表示を高速化するエンジンを搭載しているなど、サイト運営に適した要素が揃っています。

WordPressに対応しており、管理画面がわかりやすいため、複数サイトの運営に最適です。

⑩ ムームーサーバー

月額料金1,430円
容量500GB
メモリ・CPUコア不明
サポート体制電話・メールサポート

ムームーサーバーはサーバーの取得と同時にドメインを取得した場合に、ドメインの取得費用と更新費用が0円になります。

月額料金は1,430円であり、ストレージ容量は500GB、データベースやマルチドメインを無制限に利用できるのが特徴です。

WordPressなどを簡単にインストールできる機能や自動バックアップ、独自SSLなどのサービスがあり、サイト運営に適しています。

電話やメールによるサポートに対応しており、専門のオペレーターがさまざまな問題を解決してくれます。

WordPress対応!初心者向けおすすめレンタルサーバー

WordPressに対応していて、初心者におすすめできるレンタルサーバーを紹介します。

初心者向けレンタルサーバーの選び方

初心者の場合はサポート体制やUIのわかりやすさ、便利な機能などを重視してレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

たとえば、電話サポートに対応しているサービスであれば、丁寧に説明を受けて問題を解決しやすくなります。

WordPressの簡単インストールなどの機能があると、初心者でも簡単にサイトやブログの開設が可能です。

初心者向けレンタルサーバーの比較

初心者向けのレンタルサーバーを以下にまとめました。

月額料金容量サポート
エックスサーバースタンダード:990円~
プレミアム:1,980円~
ビジネス:3,960円~
スタンダード:300GB
プレミアム:400GB
ビジネス:500GB
電話・メールサポート
シンレンタルサーバーベーシック:770円~
スタンダード:1,540円~
プレミアム:3,080円~
ビジネス:6,160円~
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
ビジネス:600GB
電話・メールサポート
設定代行
mixhostmスタンダード:968円~
プレミアム:990円~
ビジネス:2,178円~
スタンダード:50GB
プレミアム:50GB
ビジネス:100GB
WordPressサポート
Zoomサポート(プレミアム以上)
設定代行サービス(プレミアム以上)
問い合わせフォーム
カラフルボックスBOX1:528円~
BOX2:968円~
BOX3:1,628円~
BOX4:2,178円~
BOX1:150GB
BOX2:300GB
BOX3:400GB
BOX4:500GB
電話・メール・チャットサポート

電話サポートを受け付けているサービスから、設定代行に対応してくれるサービスまでまとめました。

特にmixhostの場合は、WordPressサポートがあり、プレミアムプラン以上であればZoomサポートや設定代行サービスも利用できます。

他のサービスも、WordPressを高速化する実行環境を整えているサービスやWordPressを便利に利用できる機能が搭載されたサービスもあり、初心者におすすめです。

法人・中小企業向けおすすめレンタルサーバー

法人・中小企業に向いているおすすめのレンタルサーバーを紹介します。

法人・中小企業向けレンタルサーバーの選び方

法人・中小企業向けのレンタルサービスと契約したいならば、高いスペックのプランを用意しているサービスを利用しましょう。

また、セキュリティ対策に力を入れているサービスを利用すると、リスクを低減できます。

トラブルが起きたときに備えるためにサポートが充実しているかどうかにもこだわりましょう。

法人・中小企業向けレンタルサーバーの比較

法人・中小企業向けのレンタルサーバーを以下にまとめました。

月額料金容量サポート
エックスサーバービジネススタンダード:3,762円~
プレミアム:7,524円~
エンタープライズ:11,286円~
スタンダード:300GB
プレミアム:400GB
エンタープライズ:500GB
メール・電話サポート
無料設定代行
ホームページ無料制作サービス
Web改ざん通知
SLA(品質保証制度)
CPIレンタルサーバー4,840円~300GB24時間365日 TEL&メールサポート(有料オプション)
シンレンタルサーバーベーシック:770円~
スタンダード:1,540円~
プレミアム:3,080円~
ビジネス:6,160円~
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
ビジネス:600GB
電話・メールサポート
設定代行
ConoHa WING(コノハウィング)ベーシック:678円~
スタンダード:2,118円~
プレミアム:4,235円~
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
電話・メールサポート

エックスサーバービジネスとCPIレンタルサーバーはビジネス利用を前提としたレンタルサーバーです。

エックスサーバービジネスの場合は電話サポートや無料の設定代行、品質保証制度などがあります。

CPIレンタルサーバーは、電話とメールサポートを24時間365日受け付けてくれる有料オプションがあります。

シンレンタルサーバーはビジネスプランがあり、設定代行のサポートがあるためビジネスに最適です。

ConoHa WING(コノハウィング)はビジネス向けのプレミアムプランが月額4,235円から利用できて比較的コスパに優れています。

ゲーム向けおすすめレンタルサーバー(VPS)

ゲームをするのに向いているおすすめレンタルサーバー(VPS)を紹介します。

ゲーム向けレンタルサーバーの選び方

ゲームを目的としてレンタルサーバーを利用したい場合はVPSサービスがおすすめです。

VPSは仮想専用サーバーであり、仮想的に1つのサーバーを占領できて、他のユーザーの影響を受けにくいため、ゲームに適しています。

ゲーム用のレンタルサーバーを選ぶ際には、ゲームをインストールするためのテンプレートを用意しているサービスを選びましょう。

また、マルチプレイを楽しみたい場合は参加人数が多くなると高スペックなサーバーが必要になるため、高スペックのプランも用意しているサービスをおすすめします。

ゲーム向けレンタルサーバーの比較

ゲーム向けレンタルサーバーでおすすめのサービスを以下にまとめました。

月額料金容量テンプレート
Xserver for Game2GBプラン:830円~
4GBプラン:1,700円~
8GBプラン:3,201円~
16GBプラン:7,200円~
2GBプラン:50GB
4GBプラン:100GB
8GBプラン:100GB
16GBプラン:100GB
パルワールド
Minecraft
ARK
DayZなど
ConoHa for GAME2GB:2,033円~
4GB:3,969円~
8GB:8,083円~
16GB:15,730円~
2GB:100GB
4GB:100GB
8GB:100GB
16GB:100GB
パルワールド
Minecraft
ARK
DayZなど
さくらのVPS2GB:1,594円~
4GB:3,227円~
8GB:6,454円~
16GB:12,100円~
2GB:100GB
4GB:200GB
8GB:400GB
16GB:800GB
なし
KAGOYA CLOUD VPS2GB:660円~
4GB:1,540円~
8GB:7,150円~
16GB:14,300円~
2GB:25GB~200GB
4GB:30GB~800GB
8GB:100GB~800GB
16GB:100GB~1,000GB
パルワールド
Minecraft
ARK
DayZなど

上記のサービスの中では、さくらのVPS以外はゲームをインストールするためのテンプレートが用意されています。

少人数でマルチプレイをするならメモリ8GBのプランでも十分であり、大人数でマルチプレイをするならメモリ16GB以上のプランがおすすめです。

個人向けおすすめレンタルサーバー

個人向けでおすすめのレンタルサーバーを紹介します。

個人向けレンタルサーバーの選び方

個人で使用するレンタルサーバーを選ぶ際には、高スペックが必要ないケースが多いため、格安プランを用意しているサービスをおすすめします。

また、WordPressの利用をサポートする機能や設定代行などがあると便利です。

個人でデータのバックアップを取るのは面倒なため、自動バックアップ機能があるかどうかも重視しましょう。

個人の場合は一人でトラブルを解決する必要があるため、サポート体制も重要になります。

個人向けレンタルサーバーの比較

個人向けのレンタルサーバーでおすすめのサービスを以下にまとめました。

月額料金サポート体制自動バックアップ
エックスサーバースタンダード:990円~
プレミアム:1,980円~
ビジネス:3,960円~
電話・メールサポート
カラフルボックスBOX1:528円~
BOX2:968円~
BOX3:1,628円~
BOX4:2,178円~
電話・メール・チャットサポート
ラッコサーバーRK1:330円~
RK2:743円~
RK3:1,485円~
問い合わせフォーム
ムームーサーバー1,430円電話・メールサポート

上記のサービスはいずれも自動バックアップ機能があるため、万が一のデータ損失にも備えられます。

格安プランが用意されており、月々の費用を1,000円以下に抑えることも可能です

エックスサーバーやカラフルボックス、ムームーサーバーであれば電話サポートに対応していて、不明点や疑問点をすぐ解決できます。

無料で使えるレンタルサーバー

無料で利用できるレンタルサーバーを紹介します。

無料で使えるレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの中には無料で使えるものもあるのですが、機能やスペックなどに制限があります。

中には常に広告が表示されるケースもあり、有料のものと比較するとデメリットが多いです。

無料で利用できるレンタルサーバーを選ぶ際には、目的に合わせて必要な機能やスペックが整っているかどうかに注目しましょう。

また、無料でもWordPressが利用できるか確認しておくことが大切です。

無料で使えるレンタルサーバーの比較

無料で利用できるレンタルサーバーを以下にまとめました。

容量広告表示WordPressの利用
シン・クラウド for Free10GBなし
XREA Free10GBあり
スターサーバーフリー2GB~4GBあり◯(フリー PHP+MySQLプランでのみ)

上記のサービスはいずれもWordPressが利用可能であり、無料で利用できるレンタルサーバーです。

ただし、XREA Freeとスターサーバーフリーは利用する際に広告が表示されます。

また、いずれも容量が限られているため、テキスト中心のサイトやブログの運営の場合におすすめです。

フリープランを利用してみて、本格的に活用したくなったならば有料プランに切り替えられます。

レンタルサーバーを利用するメリット

レンタルサーバーを使うメリットは以下の通りです。

  • サーバーの運用コストを削減できる
  • 専門的な知識がなくてもサーバーを構築・運用できる
  • サーバーの保守管理の手間がかからない
  • さまざまなサポートを受けられる

レンタルサーバーを利用するメリットについて詳しく紹介します。

サーバーの運用コストを削減できる

レンタルサーバーを借りることで、サーバーを運用していくためのコストを抑えることができます。

レンタルサーバーは大勢のユーザーで共有してサーバーを利用するため、サーバーの運用コストは大勢のユーザーで分割して負担する仕組みです。

そのため、自分たちで一からサーバーを用意するのと比較すれば、サーバーを運用するコストは大幅に削減されます

レンタルサーバーの多くは月あたりの料金は数百円から高くても1万円程度であり、自前でサーバーを用意するのと比較すれば安上がりです。

専門的な知識がなくてもサーバーを構築・運用できる

レンタルサーバーを利用するために特に専門的な知識や技術は必要なく、初心者でも簡単にサーバーを扱えるのはメリットです。

自身でサーバーを構築して運用していくためには、OSのインストールからアプリケーションの導入、システムの構築、トラブルへの対応などさまざまな作業が発生します。

サーバーを運用できる状態を整えるためにさまざまな分野の知識や技術が要求され、自前でサーバーを準備するのはハードルが高いです。

レンタルサーバーであれば、運用会社がサーバーの構築から運用まですべて担当しているため、専門的な知識がなくても気軽に利用できます。

サーバーの保守管理の手間がかからない

レンタルサーバーは自身でサーバーの保守管理をする必要がなく、維持していくのに負担がかからない点がメリットです。

自身でサーバーを構築して運用する場合は、さまざまな不測の事態が起きる可能性があり、常にメンテナンスやトラブルへの対応に追われます。

レンタルサーバーの場合はサーバーに障害が起きたとしても運営会社がすべて対応してくれるため安心です。

運営会社が迅速に対応することで、サーバーが使えない期間を最小限に抑えてもらえます。

また、運営会社側でバックアップを実施していて、サーバー障害でデータが消失したとしても復旧できるため、レンタルサーバーはリスクが少ないです。

さまざまなサポートを受けられる

レンタルサーバーを利用している中でさまざまなサポートを受けられる点はメリットです。

レンタルサーバーの利用の仕方について、基本的な点に関してはサポートを受けられるため、初心者でも利用しやすくなっています。

また、さまざまなオプションが用意されていることがあり、より快適で便利にサーバーを利用できるようになる点もメリットです。

ただし、サポート体制については、それぞれのサービスごとに異なっており、チャットやメールに対応していても電話には非対応のケースがあります。

サポートしてもらえる範囲に制限が設けられていることもあり、技術的なサポートは非対応とするサービスが多い点には注意しましょう。

レンタルサーバーを利用するデメリット

レンタルサーバーを利用することによるデメリットを以下にまとめました。

  • 他の利用者の影響を受ける
  • 利用料金が発生する
  • カスタマイズ性が低い
  • トラブルが発生するケースがある

レンタルサーバーを利用する際に知っておきたいデメリットを紹介します。

他の利用者の影響を受ける

レンタルサーバーは他の利用者と共有してサーバーを使うシステムのため、他の利用者からの影響を受けやすい点がデメリットです。

もし他の利用者がサーバーに大きな負荷をかければ、自社サイトの表示が遅くなるなどの影響を受けます。

ただし、サーバーを利用するユーザーの数に制限を設けているサービスがあり、それほど大きな影響を受けない場合が多いです。

これからレンタルサーバーを選ぶ際には、他の利用者による干渉を受ける問題について、どのような対策を取っているのか確認しておきましょう。

また、他の利用者からの影響を避けたいならば、専用サーバーやVPSの利用をおすすめします。

利用料金が発生する

レンタルサーバーを利用するには初期費用や月額費用などを支払わなければいけない点がデメリットです。

ただし、多くのレンタルサーバーは初期費用を無料にしているため、費用負担を抑えることができます。

また、料金の支払い方は毎月請求される方式と、1年など契約期間の費用をまとめて支払う方式の2種類があります。

長期の契約を前提として一括で費用を支払う場合には、月あたりの料金が割引される場合がありお得です。

基本的に契約期間が長くなるほど、まとめて支払った場合に割引される割合が大きくなるため、費用を節約したいならば長期の契約をおすすめします。

カスタマイズ性が低い

レンタルサーバーはカスタマイズ性が低い点がデメリットであり、拡張性をあまり期待できません。

レンタルサーバーは運営会社がインストールするOSやアプリケーション、システム、セキュリティなどを決めます。

特に共有サーバーの場合は、カスタマイズできる範囲が狭いケースが多いため、自身の目的に合わない環境になるケースに注意が必要です。

サーバーを複数人で共有して利用する仕組みであり、契約をしてもサーバーの管理権限は与えられないため、自由にカスタマイズすることはできません。

サーバーに対する高度な設定は行えないため、事前にレンタルサーバーのシステムの仕様をしっかりと確認しておくことが大切です。

トラブルが発生するケースがある

レンタルサーバーを利用しているとさまざまなトラブルが生じるリスクがある点はデメリットといえます。

たとえば、運営側のミスによってデータが消失するリスクがあるため注意しましょう。

また、地震など自然災害によってサーバーに障害が発生してデータが消えるケースがあります。

本当に大切なデータについては、自身で責任を持ってバックアップしておくことが大切です。

他には、レンタルサーバーがダウンするケースやアクセス制限がかかるケース、セキュリティが甘くてデータ改ざんやデータ流出の被害を受けるといったケースもあります。

トラブルのリスクを避けるためにも、信頼できる運営会社のサービスを利用することが重要です。

レンタルサーバーを契約する前に注意点・知っておくべき事

これからレンタルサーバーを契約する上で注意しておきたい点・知っておきたい点を以下にまとめました。

  • キャンペーンの適用は条件に注意する
  • プランごとの細かな違いに注目しておく
  • レンタルサーバーの運営会社が倒産するケースがある
  • 商用利用や一部のコンテンツの扱いを禁止している運営会社がある

レンタルサーバーについて知っておきたいポイントを詳しくみていきます。

キャンペーンの適用は条件に注意する

レンタルサーバーで料金割引やキャッシュバックなどのキャンペーンが開催されていることが多いです。

ただし、キャンペーンが適用されるには条件が設定されているため注意しましょう。

たとえば、所定の期間内に解約をするとキャンペーンの内容が取り消しになるケースがあります。

申込みをする期限や申込みをするプラン、支払い方法など細かな条件が設定されている場合があるため、事前に確認しましょう。

プランごとの細かな違いに注目しておく

同じ運営会社の提供するサービスでも、プランによって詳細が異なるため、細かな点までチェックしておきましょう。

プランによって月額料金やサーバーのスペックだけではなく、細かな仕様まで異なっている場合が多いです。

特に一番安いプランについては最低限のサービスやサポートしか適用されていないことがあります。

電話サポートに対応しているサービスでも、格安プランのみ電話サポートに非対応といったケースがあるため注意しましょう。

基本的に料金が高くなるほどスペック以外の要素も充実していくため、必要なスペックやサポートを満たしたプランを探すことが大切です。

レンタルサーバーの運営会社が倒産するケースがある

レンタルサーバーを利用する際には、数年先まで使い続ける前提で契約をするケースが多いですが、運営会社の倒産でサービスが終了するリスクがあるため注意しましょう。

10年や20年以上運営を続けている老舗のレンタルサーバー会社はいくつか存在しています。

しかし、中には10年以上運営を続けていたけれども、運営会社の倒産などでサービスが終了したケースもあります。

レンタルサーバーを選ぶ際には、運営会社の信頼性まで確認をすることで、突然のサービス終了のリスクを回避できるでしょう。

商用利用や一部のコンテンツの扱いを禁止している運営会社がある

レンタルサーバーのサービスの中には商用利用や一部のコンテンツの掲載などを禁止しているケースがあります。

レンタルサーバーを利用する場合は、運営会社の定めている利用規約を守らなければいけません。

必ずしもレンタルサーバーがあらゆるコンテンツや商用利用を認めているわけではないです。

たとえば、一部のプランでは商用利用が禁止されているケースや、アダルトコンテンツの掲載を全面的に禁止しているケースなどがあります。

事前に利用規約を確認して、これからレンタルサーバーを使ってやりたいことが認められるかどうかチェックしましょう。

レンタルサーバーに関するよくある質問

レンタルサーバーのサービスに関してよくある質問を以下にまとめました。

  • どのような支払い方法がありますか?
  • 別のサービスへの引越しできますか?
  • 独自ドメインを使用できますか?
  • どのようなサポートを受けられますか?
  • 1つの契約で複数のサイト運営はできますか?

レンタルサーバーについてのよくある質問に答えていきます。

どのような支払い方法がありますか?

レンタルサーバーにはいろいろな支払い方法が用意されており、それぞれのサービスごとに対応する支払い方法は違います。

主な支払い方法を以下にまとめました。

  • クレジットカード
  • 請求書払い
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • コンビニ払い
  • チャージ払い

レンタルサーバーは支払いが完了しなければ利用開始できないため、一瞬で支払いが終わるクレジットカードがおすすめです。

事業にレンタルサーバーを利用する場合は、経費の証明のために請求書が必要になるため、請求書払いを選ぶケースがあります。

学生でクレジットカードを作れない場合にはコンビニ払いを選べると便利です。

別のサービスへの引越しできますか?

レンタルサーバーを契約した後で、別のサーバーに引越しをしたい場合は、さまざまな手続きをしなければいけません。

自身で移行の作業をすると多くの手間がかかり、ミスをするとデータを失うリスクがあるため注意しましょう。

レンタルサーバーの中にはサーバーの引越しをサポートするサービスや機能を提供しているケースがあり便利です。

たとえば、WordPressのサイトを丸ごと簡単に引越しできるサービスがあります。

レンタルサーバーの引越しをする際には、データなどの移行をサポートする仕組みがあるかどうかチェックしましょう。

独自ドメインを使用できますか?

レンタルサーバーでは独自ドメインを取得して使用することができます。

独自ドメインを取得することで自由にドメイン名を決めることができ、別のレンタルサーバーに移行した場合でも同じドメインを使用可能です。

レンタルサーバーで独自ドメインを使用するにはDNSサーバーへの登録が必要になります。

多くのレンタルサーバーでは独自ドメインの登録は管理ツールから簡単に行うことができるため、難しい作業は不要です。

ただし、レンタルサーバーの運営会社とは別の会社を通して独自ドメインを取得した場合は、作業が複雑になるケースがあるため、事前に調べておきましょう。

契約したレンタルサーバーの会社を通じて独自ドメインを取得する場合は、設定をスムーズに進められます。

どのようなサポートを受けられますか?

レンタルサーバーは問い合わせフォームやチャット、電話などさまざまな方法で問い合わせを受け付けています。

サービスを利用していて不明点や疑問点、トラブルがあったときにすぐに回答をもらい解決できるシステムです。

また、WordPressの設定や他社からのサーバーの移行、ホームページ制作などについて独自のサポートを用意しているケースがあります。

初心者向けの充実したサポートが用意されているサービスであれば、安心して契約できるでしょう。

1つの契約で複数のサイト運営はできますか?

レンタルサーバーを契約すれば、基本的には複数のサイトの運営も自由に行うことができます。

ただし、複数のサイトを運営するには、マルチドメインに対応していなければいけません。

それぞれのドメインごとに異なるフォルダを用意し、異なるサイトの運営ができる仕組みです。

マルチドメインは多くのレンタルサーバーで対応しているのですが、プランによってはマルチドメインに非対応なケースがあります。

特に格安の料金プランの場合はマルチドメインに非対応のことが多いため気をつけましょう。

おすすめレンタルサーバーまとめ

初心者が契約するのにおすすめのレンタルサーバーを紹介しました。

レンタルサーバーにはさまざまな運営会社が存在しており、多くのプランが用意されているため、目的に合わせて慎重に選びましょう

本記事で紹介したレンタルサーバーであれば、高スペックでコスパに優れており、WordPressの利用にも対応していて便利に利用できます。