海外からLINEマンガを使う方法!VPNを使えば何処に居ても読める

海外からLINEマンガを使う方法!VPNを使えば何処に居ても読める

※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

日本では問題なく使えていたLINEマンガが、海外に行ったら使えなくなった

海外でもLINEマンガが使える方法を知りたい

LINEマンガは、株式会社LINE Digital Frontierが運営している電子コミックサービスです。

約70万点以上ものマンガ作品を読むことが可能で、無料で試し読みできる作品も用意されています。

そのため、海外にいてもLINEマンガを利用したいと思う方もいるでしょう。

しかし、いざ海外からLINEマンガを利用しようとしてもエラーメッセージが表示されてしまい、日本に帰るまではLINEマンガを読むことができず困惑したという人もいるのではないでしょうか。

この問題は、VPNを使用することで解決できます。

VPNサービスを利用し、日本サーバーに接続してからLINEマンガアプリを起動することで、簡単にLINEマンガを見ることが可能です。

本記事では、海外からLINEマンガを利用する方法やVPNについて、おすすめなVPNサービス、無料VPNの危険性などを詳しくご紹介します。

※ 2024年2月時点で視聴を確認できている方法です

海外からLINEマンガが読めない理由

海外からLINEマンガが読めない理由は、地域制限(ジオブロック)によるものです。

多くのサービスはライセンスや著作権の関係で海外ユーザーにコンテンツを提供できなかったり、国によって配信内容が異なる場合があります。

そのためIPアドレスによってユーザーがどの国からアクセスしているのかを識別し、許可を得た国や地域からのアクセスしか受け付けないようになっています。

LINEマンガの場合は日本国内のみでしかサービスを提供していないので、海外に滞在しているユーザーはサービス対象外です。

このように、様々な理由によって指定された国以外のアクセスをブロックしているため、海外からLINEマンガを利用することができないのです。

地域制限(ジオブロック)とは

海外で日本の動画配信サービスが見れないという問題は、地域制限(ジオブロック)という現象が原因です。

地域制限(ジオブロック)とは、インターネット上のコンテンツが特定の地域からのみアクセス可能で、他の地域からはアクセスできないように制限される現象を指します。

これは、ウェブサイトやオンラインサービスがユーザーのIPアドレスを認識し、そのIPアドレスからユーザーの地理的な位置を推定することで実現されます。

例えば、ある動画配信サービスが日本国内のみで利用可能に設定されている場合、日本国外からそのサービスにアクセスしようとすると「この地域では利用できません」といったメッセージが表示され、サービスを利用することができません。

このような地域制限は、著作権法やライセンス契約、地域ごとの法律や規制など、さまざまな理由により設けられます。

海外からLINEマンガを読む方法!VPNで快適に利用できる

海外からLINEマンガを見る場合は、VPNの利用がおすすめです。

VPNは「仮想専用線」といわれており、海外から日本のサービスを利用する際に、日本のサーバーを経由してアクセスできるため、LINEマンガなど海外での利用ができないサービスでも使えるようになります。

VPNサービスは様々な国や地域にサーバーを設置しているため、契約して利用すれば日本や世界各国の様々なサービスを使用することが可能です。

パソコンやスマホなど、お手持ちのデバイスにVPNアプリをダウンロードしてから日本サーバーへ接続するだけで、まるで自分が日本に居るかのようにLINEマンガを快適に利用できます。

VPNのメリットはそれだけでなく、自身の個人情報を暗号化させるため、ハッカーなど他人に自分のデータをのぞき見されません。

さらにウイルスソフトとの併用が可能なので、よりセキュリティを強固になり安全性が高まります。

VPNとは

「VPN」は「Virtual Private Network」の略で、日本語では「仮想専用線」と呼ばれ、「仮想的に構築された専用回線」のことを指します。

ネットユーザーとWebサービスの間に「専用のトンネル」を作り、その中でネット通信することでセキュリティが高く安全性を確保するという技術。

送信側、受信側にそれぞれに設置した機器で「カプセル化」と呼ばれる処理を行うことで、第三者には見えない仮想的なトンネルを形成して通信する仕組みです(「トンネリング」)。

VPN接続とは?VPNの基本とメリット・デメリットを紹介|ICT Digital Column

例えば、公共のフリーWi-Fiを使うときや、複数の場所からデータをやり取りする必要があるときに、インターネットの安全性を確保するためにVPNが活用されます。

また、日本国内ではアクセスできないサービスに接続したい場合や、規制が厳しい海外から日本のサービスを利用したいときなどにも、VPNサービスが使われることがあります。

海外からLINEマンガを読むのにおすすめのVPN3選

NordVPN

月額料金月540円〜
サーバー数5500台以上
サーバー設置国数60ヵ国以上
運営国パナマ共和国
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数6台
ノーログポリシーノーログポリシー対応
対応OSWindows、MacOS、Linux、Android、iOS
対応ブラウザ・デバイスChrome、Firefox、Microsoft Edge、ルータ、
Android TV、Raspberry Pi、FireStick、Xbox、
PlayStation、Nintendo Switch、Oculus Quest、
Kindle Fire、Chromecast、Chromebook、
運営企業NordVPN s.a.

\30日間全額返金保証付き!/

公式サイトはこちら

NordVPNは、日本を含めた世界60ヵ国にサーバー数5500台以上設置されているため、海外からでもLINEマンガを読むことができます。

世界中で利用されているプロバイダーで、累計利用者数は1,500万人と突破するなど人気の高さを窺えます。

暗号化技術は「AES-256 bit」を採用しており、政府機関や軍でも使用されているほどの非常に高性能なので、セキュリティは非常に優秀です。

独自プロトコルである「NordLynx(ノードリンクス)」を提供しているため通信速度が世界最速を誇り、動画を快適に見ることが可能。

通常VPNに接続した後は、サーバーまでの物理的な距離の問題などで通信速度が低下しますが、動画視聴やテレビ電話をする程度でしたら問題なく使えます。

NordVPNでは「ノーログポリシー」を掲げており、通信ログや閲覧履歴、IPアドレスなどの通信データを記録しないため、利用者のプライバシーが守られています。

面倒な設定もないため、初心者の人でも手軽にサービスを始めることができます。

ただし、アプリは日本語対応されていますがサポートは英語表記のため、一部は翻訳機能を利用する必要があります。

高品質なVPNサービスで安心安全に利用することができるため、大変おすすめです。

MillenVPN

MillenVPN
運営会社アズポケット株式会社
月額料金396円〜
VPNサーバ数1,300台以上(72ヶ国)
暗号化アルゴリズムAES-256-CBC
同時接続台数10台
対応OSWindows/MacOS/Android/iOS
返金保証30日間

\月額396円から利用可能!/

公式サイトはこちら

MillenVPNは日本製のVPNサービスで、世界72ヵ国にサーバーを設置しているため海外からLINEマンガを使うことができます。

全て日本語対応となっているため、英語が苦手な人でも安心してサポートを受けられます。

日本でノーログポリシーを掲げている数少ないVPNサービスで、プライバシー保護は基本的人権としているため、ログの追跡や通信データの保存を行っていません。

そのため、匿名かつ安全にサービスを利用できます。

暗号化技術は金融機関などでも使用されている「AES-256-CBC」を採用しているため、セキュリティは万全です。

Nord VPNやExpress VPNと比較すると通信速度が若干遅いですが、動画を視聴する程度ならば問題なく利用できます。

複雑な設定もないため、初めてVPNサービスを利用する人でも使いやすいです。

月額料金が396円からと、低価格で利用できるのも魅力的ですね。

ExpressVPN

月額料金6.67ドル~
VPNサーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
暗号化アルゴリズムAES-256bit
同時接続台数5台
返金保証30日間

\お得なVPN割引を実施中!/

公式サイトはこちら

ExpressVPNは、日本を含めた94ヵ国に3000台以上ものVPNサーバーを提供しているため、海外からでもLINEマンガの利用が可能です。

本社を英国領バージン諸島に置いており、2009年から運営しているため信頼できるVPNサービスです。

アプリの立ち上げやサーバー接続までの時間が早く、ストレスフリーで使用できるのが特徴。

累計利用人数は400万人を突破しており、世界各国で使われています。

暗号化技術はNord VPNと同じ「AES-256 bit」のため、サービスを安心安全に利用できます。

ノーログポリシーを採用しているため、利用者の閲覧履歴などの活動内容や個人情報を取得されることがありません。

月額料金が他のVPNサービスと比べると高めになっていますが、長期プランを利用すれば大差ない価格帯にはなります。

為替レートによって利用料金が変動するため、購入するタイミングには注意が必要です。

同時接続台数は5台までと少なめなので、家族や会社内で共有して使用するには物足りなさを感じるでしょう。

VPNの登録手順

VPN(NordVPN)を契約する

NordVPNのトップページから「お得の購入」をクリックします。

その後、料金プラン・支払い方法・決済情報の入力など、画面の指示に従って契約を行います。

料金プランは、1ヶ月、1年、2年と3つ用意されています。短期間だけの利用であれば1ヶ月プランでOK。今後も海外で利用する場合は1年プランや2年プランで契約すると契約年数に応じて月額料金が安くなります。

VPN(NordVPN)のアプリをインストールする

次にNordVPNのアプリをインストールします。App StoreかGooglePlayから「NordVPN」と入力し検索、公式アプリをインストールしてください。

無料VPNで海外からLINEマンガを読むことはできる?

無料のVPNをおすすめできない理由と危険性
無料VPNをおすすめしない理由
  • ユーザーの行動が追跡されている可能性がある
  • ユーザーの活動データが広告業者に送られている
  • 信頼性の低い運営元からの個人情報の流出
  • 暗号化技術が不十分で、セキュリティが弱い

無料VPNでも海外からLINEマンガを利用することは可能ですが、プライバシーやセキュリティが脆弱のため多くのリスクを伴います。

無料VPNの収入源

無料VPNを提供している運営会社の主な収入源は、広告と利用者の個人情報の売買です。

VPNの管理者は、利用者のアカウントID、端末ID、パスワード、利用者のブラウザ履歴、Wi-Fi接続情報、電話番号、アプリ内での購入情報、送受信されたデータなどを取得できます。

これらの情報を収集したうえで、広告業者や個人などの第三者に転売しているのです。

また無料VPNには、マルウェアや悪質なサイトへのリンクが含まれてたり、デバイスにある機密情報へのアクセス許可を要求している場合が多いです。

管理元がはっきりしない無料VPNは、上記のような手法で個人情報をマーケットに売りさばくことで利益を得ています。

無料VPNは、タダで優良なサービスを提供しているように見せかけて、利用者のプライバシーを侵害することで経営が成り立っているのが実情です。

無料VPNのセキュリティ

多くの無料VPNはセキュリティが脆弱であり、最悪の場合は犯罪に巻き込まれる可能性があります。

暗号化技術が不十分であったり、そもそも暗号化されていない無料VPNアプリもあるため、第三者によってサイバー攻撃を受けて情報漏洩することがあるのです。

無料VPNアプリ自体が悪意を持って作成されているケースもあり、アプリをインストールしたら知らぬうちにウイルス感染する可能性も否定できません。

犯罪を目的とした第三者に個人情報が渡ってしまった場合、SNSアカウントの乗っ取り、クレジットカードの不正利用、なりすまし詐欺といった二次被害に遭う可能性が高いです。

VPNの本来の目的は、プライバシー保護やセキュリティを提供するものですが、無料VPNはその役割を果たしてくれません。

無料VPNを使用した状態で、クレジット番号などの個人情報を入力しないことを強く推奨します。

無料VPNの品質

無料VPNの品質は粗悪であることが多いため、サービスとして使い物にはなりません。

先述したように、プライバシーを侵害されたりセキュリティが脆弱であるだけでなく、通信速度が著しく低下したりデータ量に制限があったり、肝心な地域制限の解除もできない等と機能面も劣悪です

無料VPNを利用している人が多いため、回線が常に混雑しており接続が途切れてしまうこともあります。

海外から日本のサービスを利用するためにVPNを使用しているのに、サイトにアクセスすることもままならないのでは本末転倒でしょう。

無料VPNを利用するメリットよりもデメリットの方が多く、全くおすすめすることはできません。

海外からLINEマンガを読む場合のよくある質問

VPNの利用は違法ではない?

VPNの利用が合法か違法なのかは、その国によって異なります。

日本やアメリカ、イギリス、韓国など多くの国ではVPNの利用は合法です。

一方で中国やロシア、北朝鮮、イラク、イランなど一部の国と地域ではVPNの利用は違法となっています。

VPNの利用を厳しく規制している国では言論統制や情報制限を行っている場合が多く、自由にSNSやネットサービスを使うことができません。

そのため滞在先の国ではVPNの利用が違法でないか、安心してサービスを使うためにも事前に確認しておくことをおすすめします。

VPNの利用を違法として扱っている国で使うと、場合によっては罰則を科せられる可能性があることに注意しなければなりません。

VPNの利用が違法となっている国では、VPNを使わないのが無難です。

それでもVPNを利用する場合は、自己責任で行いましょう。

そもそもLINEマンガはどんなサービス?

LINEマンガは、LINEヤフー株式会社のグループ会社「LINE Digital Frontier」が運営している、電子コミックサービスです。

2013年4月頃からサービスが開始され、現在は約70万点以上もの作品が読めます。

各雑誌の人気マンガだけでなく、LINEマンガオリジナル作品も掲載されているのが特徴です。

試し読みできるサービスも用意されており、指定された作品であれば1巻丸ごと無料で読むことが可能です。

マルチデバイスに対応しているため、LINEアカウントでログインすればスマホやタブレットなど最大3台まで同時に作品を読むことができます。

VPNで海外からLINEマンガを使う具体的な方法は?

VPNを使って日本サーバーに接続する

海外からLINEマンガを使う前に、先述した方法でVPNの契約を済ませておきましょう。

VPNを契約したら、お使いのデバイスにVPNアプリをダウンロードしてアプリを起動します。

ログイン画面が表示されたら、契約時に設定したメールアドレスとパスワードを入力。

2段階認証をオンしている場合は、認証コードも入力しましょう。

無事にログインできたら、VPNアプリのトップ画面が表示されます。

続いて検索画面から日本を検索し、ダブルクリックで選択します。

「接続中」と表示されていれば、日本サーバーに接続されています。

VPNに接続した状態でLINEマンガアプリを起動すれば、日本にいた時と同じように快適に使用できます。

LINEアカウントを持っていない場合は会員登録をする

LINEマンガは、LINEアカウントと連携することで使用できるサービスです。

LINEアカウントを登録していない場合は、まずLINEアプリを入手してアカウントを作成しましょう。

現在はPCからLINEアカウントを作成することができないため、スマホやiPadでアカウント登録を行います。

まずAppleStoreもしくはPlayストアで検索し、LINEアプリをダウンロードします。

海外からダウンロードする場合は、VPNに接続してからでないとアプリを入手できないため注意してください。

LINEアプリを起動させてログイン画面が表示されたら、「新規登録」を押してください。

電話番号を入力して矢印マークのボタンを押すと、SMS(ショートメッセージ)でLINEから6桁の認証番号が送られてきます。

取得した認証番号を正しく入力すると確認画面が表示されます。

画面下部にある「アカウントを新規作成」を押すとアカウント作成画面が表示されるので、アイコン画像と名前を設定しましょう。

アイコン画像と名前は、後から変更することが可能です。

続いて、パスワードを設定します。

機種変更時のアカウント引継ぎや、端末の故障や紛失時にアカウント復旧する際に必要になるため、設定したパスワードを忘れないようにしてください。

次に、友だち追加設定や年齢確認画面が表示されますが、これらは後からでも設定し直すことができます。

ひとまず、友だち追加設定はチェックを全て外し、年齢確認は「あとで」を押してスキップしておきましょう。

最期にサービス利用の確認事項が表示されるので、「同意する」を選択して「OK」ボタンを押します。

これでLINEアカウントの登録が完了になります。

続いて、LINEマンガアプリをダウンロードしてアプリを起動します。

「LINEでログイン」をタップしてLINEアカウントが認証されると、LINEマンガが提供している漫画作品を自由に読めるようになります。

海外からLINEマンガを使う時に注意すべきことは?

海外からLINEマンガを使う時に注意すべき点は、主に2つあります。

1つ目は、国際ローミングサービスの使用です。

国際ローミングサービスは、日本で契約しているキャリアを介して海外のネット回線が使用できるサービスのことです。

国際ローミングサービスを利用すると、海外でもスムーズにスマホで通話などの通信サービスを使うことができます。

その一方で、通信量に応じて料金が加算されてしまうため、スマホの利用料金が日本国内にいた時よりも高額になりやすいです。

何も考えずに海外でスマホをどんどん使っていると、帰国した後に高額な追加料金を請求される可能性があります。

高額な料金請求を避ける方法として、機内モードをオンにしておくのがおすすめです。

機内モードをオンにすることで、データ通信やGPS機能などの無線通信機能を停止させることができ、出費を抑えることができます。

しかし、このままでは通話やメールも使用できなくなるため、機内モードでネットサービスを使用したい場合は機内モードをオンにした後にWi-Fiに接続する必要があります。

Wi-Fiを利用できる場所まで移動し、Wi-Fiに接続すればネットサービスが使えます。

2つ目は、海外のフリーWi-Fiの使用です。

海外にもフリーWi-Fiが用意されている場所がありますが、何も対策をせずにフリーWi-Fiに接続するのは止めた方が良いです。

なぜならば、フリーWi-Fiはデータを暗号化していないことがあり、クレジットカード番号やメールアドレス、電話番号などの個人情報を盗まれる可能性があります。

例えば、公共施設や店舗周辺などのフリーWi-Fiスポット付近に、無関係の第三者がセキュリティ対策していないWi-Fiルーターを設置し、その施設のWi-FiのSSIDと似た名前のSSIDに設定してデータを盗み取るといった悪質なケースがあります。

粗悪なフリーWi-Fiに接続してしまうと、大切な情報を盗まれて悪用されるだけでなく、デバイスがウイルスに感染する場合もあります。

海外でWi-Fiに接続する場合は、VPNを利用することをおすすめします。

先述したように、VPNは海外から日本のサービスが使えるようになるだけでなく、暗号化技術によってネットセキュリティを強化できます。

NordVPNなど大手有料VPNサービスならば、高度な暗号化技術を採用しているためフリーWi-Fiに接続してもデータを盗み取られる心配はありません。

海外でも安心してネットサービスを利用したいのならば、ぜひVPNを使ってみてください。

VPNに接続しても海外からLINEマンガが使えない場合は?

VPNに接続して海外からLINEマンガを使おうとしてもできない場合は、いくつかの原因があります。

1つ目は、うっかりVPNを起動していなかったり、LINEマンガが対応していない国のサーバーに接続している可能性があります。

VPNアプリを起動しているか、日本サーバーに接続しているか、もう一度確認してみましょう。

2つ目は、利用しているサーバーが混みあっている可能性があります。

その場合は、別の日本サーバーに接続してから再度LINEマンガアプリを起動してみて下さい。

有料VPNサービスならば、1つの国に複数のサーバーを設置していることが多いため、気軽にサーバーを変更することができます。

3つ目は、閲覧履歴やキャッシュが残っていると切り替えがうまくいかず、エラーが発生することがあります。

履歴やキャッシュの削除を行うと改善されるケースが多いため、VPNを切断してから試してみて下さい。

海外からLINEマンガを読む方法まとめ

この記事のおさらい
  • LINEマンガは国外での利用を制限していることから、海外ではサービスが使えない
  • VPNを使うことで海外でも日本と同じようにLINEマンガを読むことができる
  • VPN利用を厳しく制限している国が存在するため、事前確認をする必要がある
  • VPNはLINEマンガを含む様々な日本サービスを海外から使う方にメリットが多い

本記事では、海外からLINEマンガを読む方法についてご紹介しました。

LINEマンガは日本国内では自由に利用することができますが、海外から利用しようとするとライセンスなど様々な理由で地域制限がかかり、使うことができなくなります。

そのため、通常では海外からLINEマンガを使うことはできません。

しかしVPNを使用することで地域制限から解放され、簡単に海外からLINEマンガを読むことができます。

有料VPNサービスは、利用者のプライバシーを保護しネットワークセキュリティを強化してくれるので、安全に海外サービスを利用することが可能です。

NordVPN、MillenVPN、ExpressVPNといった信頼できる大手運営元からVPNアプリをダウンロードすれば、快適にネットサービスを利用できます。

一方で無料VPNは、利用者の個人情報を売買することで利益を得ているうえに品質も劣悪であるため、利用しないことをおすすめします。

ぜひVPNサービスを活用して、海外から日本のマンガを楽しんでください。